2016年07月03日

夏を涼しく乗り切る方法・・・GONTITI

梅雨はどこへ行ったかなと思えるほどの陽気が続き、ダムの貯水量も心配になってくる今日このごろです。

プライベートでは、お墓探しが佳境に入って、そろそろ都民墓地の募集が始まりました。

都民墓地と言っても、二十三区内で普通にお骨を入れるお墓を持とうとなると、土地代と永代使用料だけで数百万円もかかるところが大半で、選択肢は限られてきます。

うちでも百万円以内にしたいなと思っていたのですが、そうなると小さいお墓しかないんですよね。

父母だけならまだしも、最低でもおばあちゃんと、学会の墓地に入ってるおじいちゃんをはじめとする六人分の先祖のお骨を納めようと思っているので、それなりのスペースが必要です。

なんとか通いやすい八王子の都民墓地だと、八十の募集があってそれぞれ四平米の土地が使えます。

その中にお骨が六個分は入るので、これでなんとかするかというところまで来ました。

それでも、お墓の石を含めると百五十万円はかかってしまいます。

なんとかそれくらいはあるのですが、一括で払うと残りは乏しく、そういった場合には分割も可能。

まあ、なんとか目処がついてきましたよ。


さて、そんなこんなで暑い夏が目の前に来ましたが、自宅のマンションにはエアコンがなくて参っています。

カンカン照りの外をカブで走り回って、帰ってくるとよく温まったコンクリートのマンションが出迎えてくれるわけで、中はやっぱりサウナ状態なんですよ。

打ち水して、扇風機をぶん回して、氷枕でやっと眠れるんですが、やっぱり気分よく床につきたい休みたい。

そんな時には、こんなリゾートミュージックがいいかと。

昔、結構聴いてたGONNTITIです。



相変わらず、時間がないながらクラシックギターの練習を続けていて、参考になるかなと思ってブックオフに行った時に買ってきたんですが、今更ながらなかなかですね。

日本人にとってわかりやすいメロディーで、ギターを弾く者にとっても納得の行く演奏。

普通クラシックギターではこういった伴奏とメロディーを一人で弾くんですが、彼らのアレンジではそれを分散して二人で弾いているんで無理がないんですよね。

つまり弾いても聴いてても楽なんですよ。

涼し気なメロディーと気分的にも楽な演奏は、聴いてるものを和ませます。

こんな夏にパコ・デ・ルシアなんて聞くと暑くてしょうがないですからね。

あー、楽だ。



このお二人、基本的にはギターデュオなんですが、打ち込みをベースに様々な音楽のエッセンスを取り入れていて、良くも悪くも今の雰囲気でこれぞ現代音楽というものなんじゃないかと思います。



かといえば、こういう風に日本古来のメロディーもありと。



世界中の人たちに、これが日本ですよと紹介するときに、彼らの音楽でも聴いてもらうとわかりやすいかもしれません。



では日曜日の昼下がり、これからアトリエに行ってくるので、今日はこのへんで。

posted by O at 13:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

素晴らしいギター音楽をあなたに

母が亡くなって以来、久々の更新です。

ブログを更新したりする前に、ネットワークやパソコン自体が使えなくなっていて、それを修復するのに四苦八苦していました。

ケーブルや接点の不具合、または復活した熱暴走などが原因だったのですが、複合的な不具合からその原因がなかなかはっきりしなくて、ついに今どきcore2duoのセカンドマシンを買って来て、それをいじりまわしてパーツを取っ替えたりして、どうにかパソコンが復活して、こうしてブログも更新出来たんでした。

やっぱりCPUクーラーやビデオカードはケチっちゃあいけませんね。

まあ、エアコンの付いている部屋ならそんな心配はない!

という落ちもつくんですけど・・・(苦笑)

では、お待たせしました。

今日は有名なカノンからです。



このカノンは誰もが知っているクラシックの名曲ですが、こうしてガットギターの音色で聴くのが一番合っているような気がします。

ハードロック兄ちゃんたちがこぞって演奏していますが、これには勝てないんじゃあないでしょうかね。

次はバッハで、主よ、人の喜びよです。



この曲も、こうして聞くと、バッハがギターのために書いた曲なんじゃないかなという気がします。

たまりませんよね。

では、今日の問題作?

ブラジルのオッサン、Marco PereiraのToadaです。

演奏はエドおじさんね。



残念ながら本人の演奏はなくて、これも今ひとつ音質が良くないのですが、この切なさ、ブラジル音楽の一つの極を表現しているということでは、なかなか聞けない名演奏と名曲でしょう。

ただ、どのブラジル音楽でもそうですが、マイナー曲のエンディングにちょっと救いが見られないのが悲しいところです。

そういう現状があるのかもしれないけど、何とかしたいですね、オリンピック共々ね。

では、ちょっとジャズ臭くなるけど、このマルコさんの直々の演奏を一曲聴いてみましょう。



この人も、滅多にいない本当の音楽家で本物のギタリストですね。

では最後に、あまりにも有名なあの曲を、素晴らしいギターの音色で堪能して、今日は終わることにしましょう。

posted by O at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

お母さんが起きて来ない

2016-03-30T013A093A58-1.jpg

先週の木曜日の朝、母を起こそうとしたら、目を覚ましませんでした。

今まで、旅行で家を空ける事はあったのですが、何日も母が帰って来ないなんて、今までありませんでした。

葬儀もすませましたが、今まで母がやっていた家事を自分でやったりすると、何だか母に家出されたようです。

いつ帰って来るんだろうなんて気持ちがどっかにあるんですよ。


喪失感は半端じゃあないですよね。


母よ、安らかに眠れ。
posted by O at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

デッサン上達の歴史とは?

今日も日曜日で、毎度毎度の定例クロッキー会です。

何でもマンネリになりがちな私のライフスタイルですが、今日のクロッキー会も今までに何回か描いたことのある男性モデルさんでした。

身体をくの字に曲げることが特徴の、パンクスみたいな男の子。

いつものデッサン公開ですが、同じモデルを前に描いたものがあるので、それを並べて見て、私のデッサンの上達ぶりを確認してみてください。

130721_222617.jpg

140719_231407.jpg

これが今日描いたもの
2016022821190000.jpg

どうですか?

なかなか上達したでしょう。

うまくなったのは、ニコライデスのおかげです。



本物嫌いのインチキ派のせいでか、廃刊になっているこの本ですが、高くても買う価値がありますよ。

英語版はあるけどね。


一部、その方法を、映像モデルではありますが、動画にしたものを見てください。


参考作品集
https://www.google.co.jp/search?q=The+Natural+Way+to+Draw&client=ubuntu&hs=Jt5&channel=fs&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiH0Nbe6JrLAhWi5KYKHU8lDa0QsAQIHg&biw=1215&bih=897#tbm=isch&tbs=rimg%3ACROcN_1LU3H4KIjgHLh_1Ur5lcifPuZDMjtl6bs3SGJscN2D45SjUNa-7aIwpeBk6w0cvzu-S8WxFYOjyC7szA2snrKyoSCQcuH9SvmVyJEc9uQdXA1StkKhIJ8-5kMyO2XpsRy6ih3YXdsOgqEgmzdIYmxw3YPhGdjmvN9IAdlyoSCTlKNQ1r7tojEaKeWDJzE_1zNKhIJCl4GTrDRy_1MRpO6NVVDLiH4qEgm75LxbEVg6PBFYXMZ0nuV7pioSCYLuzMDayesrEaKeWDJzE_1zN&q=The%20Natural%20Way%20to%20Draw&hl=ja

デッサン指南書としては、唯一無二のこの著作、画業に行き詰まったらケチらずに買って、実践してみましょう。

posted by O at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・絵画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

絵の勉強はアトリエでなくても

先週一週間は、仕事帰りに様々な場所でスケッチやデッサン、クロッキーをしました。

アトリエで描ければそれに越したことはないのですが、あまりに恵まれた条件だと、それに甘えたりすることもありますよね。

外に出て、街中を行く人を、すれ違いざまに一瞬だけ見て覚えて、それを描き留める。

アトリエではこんなことしなくても済みますが、見ているうちには気がつかれるので描けないという緊張感が、真剣に見ることを強制するので、目が良くなるのです。

その成果が少し出ました。

2016022122170000.jpg

これはアトリエで描いたものですが、まあまあでしょ。

消しゴムかけてませんから、いい方です。

やればやっただけ成果が出る。

藝の道は正直でいいですよ。

posted by O at 03:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・絵画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

思わずニッコリしちゃうK-pop・・・Apink

動画をキレイに撮影して、YouTubeなどにアップしたいので、いい加減スマホにしようかと思ってはいるんですが、どうしてどうしてケイタイでもまあまあ情報くらいは間に合います。

ドコモの芸能ニュースでちょっと引っかかったこのApink!!!

今、来日中みたいだね。

いや、ファンの集いなだけかな?

ガールズK-POPセカンドウェーブの大本命!という触れ込みで、デビューして一年らしい(実はもっとまえらしい)ですが、見ても聞いても、ちっとも素人臭さがなく、私好みのプロの仕事をしています。



これがデビュー曲

キャッチーでいい曲です。

似たような歌を日本でもつくちゃあいますが、ウケを狙ってデジ声にしてみたり、いかにもヤラセで嘘くさかったりして、まともそうな女の子が、普通の人間として真面目に歌っている自然な歌声がいいですね。

それに踊りが面白いよ。

アメリカなんかは、誰もがエロエロダンスでひどいことになってますが、ダンスは韓国が一番じゃないかなあ?



普段のトークの延長のような歌詞も、計算したものだとしても好感が持てる内容です。
自然に耳に飛び込んで、理解できますよね。

やっぱりね、日本のアイドルはダサい!

ダメダメノリで、大舞台に出てくるのはやっぱり恥知らずのお国柄の証明ですよ。
私も若い時分にはそうした活動をしていましたが、身の程を知ることがやっぱり大事ですよ。

彼女達はそれなり。
それなりの訓練を受けて、それなりの自信を持って、それなりの対応で社会に出ている。
距離感が分かっているというか、つい話を聞いてしまう飛び込み営業のお姉さんの様です。

これは拒否できませんよね。



それに、裏を支えるスタッフがスゴいでしょう。
曲作りやダンスの振り付け、これ見たら日本のエセ体育系ノリの素人仕事にうんざりしてしまいます。



どの曲も粒ぞろいで、いい仕上がり。
アレンジもパーフェクトで実にいいです。
ネタ元はJ-POPにあったりするかもしれませんが、焼き直しにしても質がいいですよ。



これならCD買っちゃおうかな?

コンサートにも行っちゃおうかな?

って思っちゃいますよね!!!

posted by O at 07:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

セツ学校のOB会?・・・四谷ひろばに行ってクロッキー描いてきました

毎回毎回のクロッキー会の参加費用、安いところで1500円、高いところで3000円もするので、絵の勉強にかかるお金もバカになりません。

安く描くには、自分自身や家族を描いたり、部屋の中にあるものを描いたり、ちょっと外に出て風景を描いたりするのがお金もかからないし面白くていいんですけど、ちょっと見飽きていたり、寒かったりで気が進まないこともあります。

でも、東京には安いクロッキー会もあるんですよ、四谷デッサン会という。

四谷デッサン会フェイスブック
https://www.facebook.com/dessin428

ここは、セツ・モード・セミナーの関係者やOBが自主的に開催しているらしいデッサン会で、参加費用はたったの800円です。

卒業してからしばらくしてから、母校の方針とキャパシティに限界を感じていて、その拘束から離れるために寄り付かなくなっていたんで、この会も今まで知ってはいたんですが、今更ジローと行ってなかったんでした。

まあ、顔出してみて良かったかな?

会場の四谷広場というところは、行ってみると元小学校の校舎だった建物の中を、区民センターの様に一般に貸し出したりしている公共施設で、普通の小学校の教室の中でみんなでデッサンするんですよ。

800円だけあって大盛況(笑)

この寒いのに、二十人以上の参加者がいて、モデルさんもその筋のお姉さんの和服姿で、雰囲気はムンムンでしたよ。

2016020717300000.jpg

10分で描いてこんなもん。

何だかんだいって、僕もやっぱりセツの卒業生なんでした。

と、思ったら・・・

なんと母校は、閉校という事態になっていました。

セツ・モード・セミナー
http://www.setsu-mode.com/seminar_nyugaku.html

これはちょっと寂しいですよね。

ただ、二十世紀のエコール・ド・パリの精神や、ファッション世界の空気を元にやっていた学校なんで、21世紀の時代になって、どうにもセツさんの考えだけでは学校の存続が出来ないのでしょう。

校舎はなかなか素敵な建物だし、カフェスペースもありアトリエとしては申し分ないものなので、終わっちゃうのは寂しいですよね。

なんとかしてみようかな?

画材メーカーとかをスポンサーにして、有志によるクロッキー会を毎日やるようにすればいけるような気がするよ。

そういう学校あっていいもんね。

お金あったら、俺が買い取るけどさ。

持つかなあ、建物(笑)

posted by O at 21:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・絵画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

素晴らしいギター音楽をあなたに

全然、ブログにはアップしていませんが、ほぼ毎日クラシックギターの練習を続けています。

楽しいんですよ、クラシック。

そう言いましても、楽器の中でもマスターするのが難しいといわれるギターという楽器。

ロックの癖が未だに抜けない僕の手技は、矯正すべき余地が多々あり、その演奏姿勢を直すのに、半年位かかっています。

右手で弦に向かって垂直に指を当てて、きちんと一音一音、弦の音が鳴るように弾くことは出来ていた方ですが、左がちょっと難しかった。

どうも肩肘張っりまくってて、ヘビメタの半音下がったチューニングのギターで音を出すような邪道の癖がついていて、まともな音を出すのに必要な素直な指癖が出来ていなかったのです。

何というか、左手で力んで握りこぶしを作るようにネックを握っていたんですが、もっと力を抜いて、野球のファーストミットでボールをキャッチするように、人差し指だけでなく、もっと小指や薬指を効かせて、ネックをボールのように見立てて、親指との間に挟むようにすると、うまいこといきます。

押さえるコードは、フォークとほぼ一緒だったりするんですが、聴者を騙す詐欺に近いような音色とメロディーを奏でる音楽と違って、クラシックの名曲はちょっと違うんだなあ。

弾いてて喜ばしく、飽きがこないんですよね。

ちょっと聴いてみてくださいよ。

CANON


Air


日本の歌でも、こんなにいい感じ

Sakura


クラシックギター、学ぶなら阿部保夫の教本が一番ですよ。



基礎を重視して、簡単な曲を自由に弾けるまでしっかり練習すれば、きっとうまくなります。

この教本の方針ですが、タブ譜に頼らずちゃんと音階を五線上で追って演奏する癖をつけることで、自由自在に楽器を操ることが出きるようになり、ついでに頭もちょっと良くなったりします。

あなたもやってみましょう。

posted by O at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

ああ、休日がもっと欲しい

新年、明けまして、はや一ヶ月経ちました。

郵便局は、年賀状が終われば、春までちょっと一息つける暇期を迎えているのですが、郵便物の数は落ちても、自分的には忙しい毎日です。

何故かというと、労使交渉の成果?である三六協定の定めるところによる、年間残業時間の限界を春までに越えてしまう勢いだからです。

どういうことかというと、残業しすぎちゃってて、これ以上超勤、つまり残業すると会社的にまずいことになるので、こいつは早く帰らせないとならないぞという季節になってきたのです。

要するに、毎日定時終了を目指して、できる限り早く仕事を終わらせて帰れと、そういう至上命令が出てしまっているのでした。

簡単に言えば、物数の割には忙しいと、そんな毎日を送ってます。

ああ、もっと有給休暇を消化できていれば、休んだ分だけ超勤もそれほどつかずに、あれこれ言われることもなかったものを・・・


今から春まででも、社員優先の休日設定で、週休2日以上は休めそうになく、それどころか休めるはずの日まで出なくてはならないというちょっと面白くない状態です。

いいなあ、みんなスキーに行けて・・・

まあ、時給はちょっと上がりそうだから、それでなんとかかんとか・・・?

それでも休日を無駄にしないぞと、今日もクロッキー行ってきました。

2016013121260000.jpg

今日は、錦織くんがわざわざ脱いでくれました(笑)

というのは嘘ですが、劇団に所属するイケメンのモデルさんです。

どことなくおかしいところも多々ありますが、描写のリアリティだけは、結構増したかなと、自分では思っています。

郵便局は、皆さんが思っているよりずっと雑な世界なので、きちんと芸術しようと思うと、自分をしっかり律する必要が出てくるんですよ。

春まで早い時間には帰れるので、疲れてはいるんですが、なんとか今まで行きたかったアトリエに通おうかなと思っています。

週3日ぐらいは絵を描きたいからね。

では、また。

posted by O at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・絵画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

年賀配達、大体終わり!

新年、明けましたが、おめでとうは言えません。

オヤジが死んで、最初の新年、10日間連チャンで働いた年末年始。

クリスマスも正月も返上で働いた日々も今日で終わり、年賀配達も一段落です。

幸いにも、一件手書きの住所の年賀状の誤配が出た程度で、後は慎重に配達したおかげで、大体無事に年賀状を配ることが出来ました。

新年二日、局に電話があって、早く取りにこないと捨てるぞ!なんて言ってるお宅に、朝っぱらからすっ飛んでいって、新年早々ご迷惑をお掛けしましたなんて謝ってきたりするんですよ、その日の下準備も中断してね。

最近は、年賀状などの定形サイズの郵便物は、自動区分機で区分するのですが、同姓の宛名だと違う住所のところに混入する事もしばしばあるのです。

ましてや、年賀状の季節は、本来なら配達する自分がそれを整理して確認して道順通りに組み立てるところを、アルバイトや他の担当者に頼むことも多く、持ち出す際には何が入っているかわからないという恐ろしい状況になっているのです。

それを現地でパラパラめくって確認して投函するのですが、名字が同じであとちょっと違うような混入はなかなか見つけられずに、初日の太い束の中からそれを取り出すのは難しいのです。

道順組み立てした物を、束のまま投函できればスゴく楽で早くあがれていいのですが、そんな行為はほぼギャンブルと言っていいくらいの自殺行為なんですよ。

誤配が発覚した二日、次の三日の日には、年賀状の束をいちいちバラして、気をつけて一枚一枚全数検査をしてからポストに入れたので、数枚見つかった仕込まれた爆弾も、しっかり取り除けて大体は大丈夫だったはずです。

と、まあ、こんな具合に、郵便屋は苦労しているわけですね。

今日は、終わった解放感から街に買い物に出て、ブックオフでCDを大人買いしたり、ブーツの改良をするために、インソールやその間にはさむゴム、靴裏に張り替えるすべり止めなども買い揃えてきたりしました。

これで配達で走っても疲れず、カブの振動でもビビらないブーツに作り替えようと思っています。

スニーカーの方が動きやすいけど、紐のある靴はバイクに絡みそうで嫌だし、雨の日にはビチョビチョになるのでちょっとね・・・

これが成功すれば、またバリバリに毎日配達が出来て、仕事がハネても色々と活動する余力が確保できるのではないかと。

・・・さて、今日の締めは、この4日間さんざん配達した年賀状をお題にした川柳を一首?詠んで締めたいと思います。

「年賀状、最後に出したの、いつの日か?」

お後がよろしいようで・・・

posted by O at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする