2005年07月05日

ちょっと幸せ

受かってましたよ、第二種電気工事士試験

合格!

やったね。

参考までに、使った本一覧です。



僕が考える受かった理由

オームの講習会に行った。
一日だけの講習で、ちょっと前のテスト問題を作ってた先生方の講習。
はっきり言って、現場を知らないインチキ先生だと思っちゃうお話しでしたが、テストが何なのかはよくわかりました。
オームの本も割り引きで売ってたしね。
今年残念だった人は、来年行くといいと思いますヨ。無料ですしね。
ただ、いいと言われているオームの本ですが、色々ありすぎ。
迷いますヨ。
絵解きだけでもいいんじゃないかと。

普段の勉強

まず大版の絵解きに目を通して、現場で現物確かめる。
そして有名な二冊の絵解きを参考書として読む。

テスト対策として、出版時期が遅すぎですよネ。

僕の一押しは、左上のポケットブック。
これを持ち歩き、電車の中でこそこそやりました。
計算問題を除けば、これを二三回やれば十分ですヨ、きっと。
中に書いてある受検の要領を、良く読んでみましょう。
受かったのはそのお陰です。

そして左下の書きこみ式の学習書。
これを試験直前になって、必死で埋めてました。
もっと早くからやれば良かった。
テキストとしては不備もあるんですが、自分で書いてノートするとやっぱり違います。
過去問も十分載ってますしね。
余白にメモしたりするといいですよ。

ただ、あまり過去問やりすぎると、答えを覚えてしまって、かえってわからなくなりますよね。
そんな時は、現場を再確認して、絵解きの二冊を読む。
そしてわけわかるまでしっかりと、やった問題の答え合わせをすると。

そして大事な事。

本当に、業法で定められている法律を、ただマニュアルのように覚えるのでなく、その心を理解するように普段から努め実践することが大事ですヨ。
そうしていたら、自然と合格方面に路線変更していきましたから。

毎日の仕事をいいかげんにごまかさず、きっちりやることが大事なんじゃないかと思います。

勉強していて頭がまわらなくなったら、就職用適正検査問題集!


これで、脳味噌が生き返りますヨ。

テスト問題の処理能力も身について来ますしね。

この本読んでやってみてノートの取り方変えてみるとかね。



頭の中味の配線が出来ますからいいですヨ。


あとは電子ブロックhttp://www.denshiblock.co.jp/index.htmlで遊びながら、配線図を追ってみるとか。
効果有りましたヨ。

やっぱり電気使ってないとね。わからなくなるのも当然と。


参考になれば幸いです。
posted by O at 01:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

あと十日!―――第二種電気工事士実技試験まで

はーっ。
やっと用意できました、講習会費用。
ギリギリセーフ!でした。

あとは、ロブスター買わなくちゃならないけど。

まあ、間に合うって事は、道が通じてる証拠でしょう。

ついでにいい本見つけちゃいました!

『図解 第二種電気工事士技能試験テキスト』
東京電機大学出版

技能試験の要点解説と、全体の把握、最終チェックにはこれでしょう!

さすがは電機大です。
よくまとまっています。
読んでいて、わけわかんなくならないのは、この本だけ?かもしれません。

講習に行く暇がない人、独学の人、この本使えますヨ!

本番前、テストに不安がある方、今から買うならこれですよ。
ヒマな時に、パラパラみるだけでも随分違うと思います。

がんばりましょう!

疲れたら、iモードで『線脳道場』やってみては?
テトリスみたいな落ちゲーなんだけど、ちょっと珍しいくらい凝ったものです。
線つなぎゲームで得点力アップ。

テストに関係ない人にもおすすめですね!

でも受験生見てるかな?
posted by O at 22:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

電気工事士講習会レポート

いやあ、使えませんねえ、携帯。

メールソフト起動して、せっかく撮った講習会の写真が読みこめません!
何が悪いんだ?

メモリーカードリーダー買えば済むんだけど、LINUXで使えるのあるのか?
ヨドバシの店員も知らないし。

困ったモンです。

まあ、調べりゃあ済むけどね。
お金が余ったら。

ということで、現場写真はおあずけです。
見たい人も少しはいるはずなんだけどなあ。

仕方がないので、いいことを教えましょう。
技能試験突破の必携ツール!
tool.jpg
HOZANのワイヤーストリッパーと折尺です。

これ有ると楽ですよ。
ワイヤーストリッパーはもっと楽なはぎ取り式のものもありますが、試験会場でちゃんと動くかどうかは疑問です。
普段使っている人はわかっているでしょうが、非常にこわれやすいものです。

Oはこっちを薦めますよ。
HOZANのワイヤーストリッパー!
その大きな理由。

まず、ケーブルカッターとしても使えるからです。
はぎ取り式の方では、ついでに電線を切るというわけにはいかないでしょう。
それに、普通のペンチやニッパーよりも楽に電線が切れます。
普通のはさみのように、すれ違い式?の刃になっているからです。

作業の手順として、HOZANだと、電線を切った後、他の道具に持ち替えること無く、すぐに皮剥きから輪作りまでできるんですよね。
これは大きな違いです。
作業効率が違います。
かなり時間短縮できますよ。
切れ味いいですしね。
普段工事しない人たちは、これで十分かもしれません。

そして、電線の輪作り。
ラジオペンチには負けるかもしれませんが、受験用に作っているのか、刃の先で電線つかんでまわすと丁度いい大きさの輪が出来るようになっています。
2サイズ作れるのかな?確か。
ペンチでやるより失敗は少いし、リカバリーもできますよ。(電線の癖直しの為の挟みこみは除いて。)

持っていて損はないですよ。
普段の工事でも、電工袋等に入れて持ち歩き、急な皮剥き作業等に対応できますからね。

次に折尺。

はっきり言いましょう。
スケール持って行くなんて馬鹿?です。
なぜかって?
まず、引っ張り出さないとつかえないでしょ。
そして、机の上に置いて使おうとするとこけちゃうからです。
電線の長さを、目分量で決める人も多いと思いますが、定規で測るなら折尺の方が絶対いけますよ。
なぜかって?

折尺を机の上に置いて、電線の長さを測れるからですよ。

スケールを手に取る時間を短縮できます。

自慢じゃありませんが、Oは複線図も書かずに(まだきちんと書けないんですが)はっきりわかるところから現物で確認しながら作業して、練習問題十分かからずにできましたよ。

あと、書ける人は書くのが普通かもしれませんが、複線図は書かなくてもいいような気がします。
こうしている人も多いみたいですし。
時間はかかるし、かえって混乱を招きませんか?

現場知ってる人はこの方がいいような気がします。
わかる器具付けを先にやってしまい、あとで結線を考えると。
実際に電線を指でたどればまちがいは少ないと思うんですね。

ただ、選別問題もありますから、書けるにこしたことはありませんが。

まあ、まだOも本番どうするかはわかりませんけどね「。
参考までに。

マニアックなブログになってしまった。

posted by O at 06:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続電気工事士試験講習会レポート

いやあ、女子バレーキューバに負けたみたいですねえ、残念!
なんて言って、そんなこと頭に入っちゃあいません。
第二種電気工事士技能試験本番まであと一週間ですからね。

それより『人形霊』が恐い。
CMで絶叫する石田あゆみはもっと恐い!

そんなこともあとですね、失礼。

模擬試験を、単位作業五回、選択問題一回なんとかやってきましたよ。

ハッキリ言って、講習受けなきゃアウトでしたね、僕の場合は。
申し込んでよかったですよ。

やっぱり、実際の試験に近い環境で、時間を測って作業したものを、人に見てもらってやっとですね。
いろいろ気付くし、勘違いも直りますからね。
Oは、リングスリーブにも極小があると思って探しましたから(笑)。
「ないなあ、どっか吹っ飛ばしたかなあ?」なんてね。

質問も遠慮なくできましたからね。
現場のベテランにちょっと危なくて聞けないことでも(笑)。

講習会行って正解でした。
来年は受けようと思っている皆さん、行った方がいいですよ。直前講習だけは。

dennkikouji_ginousikenn_mogic.jpg
知らない人へ。
こんなのを三十五分で作る試験なんですよ。
知らなけりゃ、やったことなければ間違っても出来ないテストです。
当たり前か。

「簡単そうじゃん!」なんて言う人へ。
テストでなく、実際の現場でこれと同じようなものを間違えて作って、建物がほとんど出来上がった後から、天井裏に潜って直したりしてる人が、世界中に一杯いるんですよ。
配線ていうのは、一つ入れ違ってもアウトなんですから。
そのへんよろしくね。
「ねえ、皆さん!」

さて、初回の受検で恐縮なんですが、Oがやってみて気が付いたテストのコツをいくつか紹介します。

(1)まずは、整線から。

材料を箱から出して、全部有るかどうか確認してから、気持を鎮め、手を落ち着かせる為に整線するといいと思います。

(2)材料を並べる。

問題を見ながら、材料を実際に接続する配置の通りに机の上に並べてみます。
dennkikouji_ginousikenn_mogi_a2.jpg
こんな風に。

こうすると、完成のイメージが湧きやすくなりませんか?
複線図書く人も、これやってからの方がいいんじゃないかとOは思いました。

(3)ボックスまわりを先に作ってしまう。

ブッシングと電線菅は先付けした方が、机の上がかたづいていいと思いました。

(4)分かりきってるところから、器具付けをかたづける。

電線を大雑把に切って皮剥きして、何回もやって分かりきってる負荷の取り付けをやってしまう。
ジョイントはあとからじっくり確かめてやっても間に合いましたよ。
ただし、分っていることが素早く出来てからの話です。

(5)差しこむ方の電線の皮剥きは、やや短めの方がいい。

先生は長くしとけ!と言いましたが、その通りにやってみて芯線がこんにちわ!
これを直そうとして、ひっこ抜けないとあせります!

そんなことしなくてすむように、電線をゲージに当ててやや短めに皮剥き!
試験官はひっこ抜いて中まで見ませんよ!
多分ね。
2、3mm短いぐらいは大丈夫です!
芯線が見えないように皮剥きしましょう。

こんなところかなあ、Oが気が付いたのは。

そう、後は複線図。

まだあまり分ってない人は、一度電源白(接地側)から、電源黒(非接地側)までの配線を、まっすぐフローチャートや、あみだくじのように伸ばして書いてみて、そのように作ってみると分りやすいんではないかと思います。

簡単に書くと、

電源白→負荷→スイッチ類→電源黒

この順番です。

重なったままの図を見て考えるから、わかりにくいんですよ。

一度やってみて損はありませんよ。
まだ一週間ありますからね。

やるしかないですよね。
dennkikouji_ginousikenn_mogib.jpg

三路も無事できました!

では、また来週。


今からでも助けになる本

バインダー式 オールカラー版
第二種電気工事士試験
単位作業イラストAtoZ

複線図の説明わかりやすいし、絵や写真が多いのもグー。
チェックポイントもしっかり載ってます。
posted by O at 22:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

いよいよ明後日!―――第二種電気工事士技能試験!

とうとう明後日になりましたね。
みなさん、やることはやりましたか?

Oはあと一歩というところです。
今日は、VVRとEMーEEFケーブルを探しに行ったんですが、どこにも売ってませんでした。
リングスリーブや、ボックス類は見つかったんだけどネ。

受検セット買っとけばよかったかな?
まあ、明日あと四回は、講習会で練習できるんですけどね。
単位作業はとちらなきゃなんとかなるかな?

問題は材料等選別試験の方かな?
八割得点は大変かな?
と思って、Oはこれを買って来ました。


『直前予想問題集』
この日になって、ギリギリですけどね。


※この本、最後までやっていくと、直っていない誤値がいくらかあるようです。(Oも確認中)
あと、解説の仕方や図の見せ方に、少し落ち度はあります。

ただ、やや難はありますが、数少ない貴重な予想問題集です。
しっかり基本をやってる人は、やる意味はある気がします。
やらないよりは、高得点取れるとは思いますよ。

混乱しそうな人は、避けた方がいいかも!

(買っちゃった人にはごめんなさい。ただ、講習会の先生と似たようなもんだと思います。)


ただ、過去問づくしの練習だけだと、使う材料わかっている単位作業では、慣れ不足?になるかなと思ったから買って来ました。
あとは、選別の予想問題がもっとやりたかったので。


模試やった後、答えあわせをしながら、いろいろ覚えられる詳しい解説が一応ついてます。

WEBには、こんなページがあります。

直前ですから、応援を頼みます!
勝手にですけどね。
http://www.denki21.com/tanisagyou.html 今からでも大丈夫!電気工事試験
解説ビデオ有り
http://www.geocities.jp/komusou_yanke/index.html 絵解き電気工事入門
実技予想問題!(はっきり指摘は出来ませんが、ちょっと違うような・・・ごめんなさい。)
参考にはなります。

これみて見直しはかりましょう。

さて本番、手袋持っていったほうがいいかなあ?なんてOは思っています。
手すべりませんか?結構。

室内涼しいとは限らないし、まさに手に汗かいたりしますからね。
Oは先週の講習会では、手がスルスル滑って(禁句か?)おおいにあせりました。

薄手の手袋、念のためいるかなあ?なんて思います。

じゃあ、ラストスパートいきますか。
posted by O at 20:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

あー疲れた。緊張の本番修了!―――第二種電気工事士技能試験

いやー、汗だらだらでした、
まさか、こんな凝った問題出るとはねえ。
足切り問題なのかな?今回から。
まあ、全部知ってりゃあ出来るだろうけど、選択は。
単位作業の方も、指定材料ほぼフル活用だもんな。

受けた皆さん、どうでした?
Oは、どっちも時間ギリギリでしたよ。
マークシート用シャープペンシル持っていって本当に良かった。
選択四十一もマークしちゃったけどネ。(苦笑)

何といっても、Oの席はど真中の一番前。
キツイ顏した女刑事みたいな試験官が、ドライなロボ声でいろいろ言うから、緊張は頂点に達してました。
大学の教室だから、机の上は狭いしネ。
予想はしてたけどさ。

単位作業では、電線にやられました。
いつもの電線と違うんだもんなあ。
Fは剥けてくれないし、エコはするする出て来ちゃうしさ、タチ悪いよあの電線。
皆さん、ワイヤーストリッパーで大丈夫でしたか?

なんとかリカバリーして、五分前に完成はしたけど、あぶら汗だらだら出てたなあ。
道具持つ手は、ぷるぷる震えてたしネ。
いやあ危なかった。
隣のおじさんは、圧着出来ずに未完成で茫然としてました。

年2回にして欲しいよ、この手の国家試験は。

ああ、自己採点するのも嫌だよなあ。
選択問題で八問も間違えはしなかったと思うんだけど。
単位作業も、結線違いや欠陥はなかったはずだけど。
なんとかじっくり取り組んで、きれいには仕上がったからな。

発表待つとしますか。

果して、Oは合格出来たのでしょうか?

公園に寄って、散歩して帰りました。

midorinoike.jpg

posted by O at 15:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

電気の本読むなら・・・『知りたい電気のQ&A なぜ鳥は感電しないの?』

どうも、Oです。

珍しいくらいよくわかる電気の本見つけたので、紹介しましょう。

『知りたい電気のQ&A なぜ鳥は感電しないの?』


初心者、一般から専業従事者までOK

著者の皆さん方、
「電気と資格の広場」
http://cgi.or.jp/goukaku/index.html
の主要メンバーの人達らしいです。

現場にも顏出す先生達みたいで、解説はグッドです。
御子様向けの本みたいなタイトルですが、本場の知識ですヨ。
電設にかかわる皆さんをはじめ、一般の方にも安心してお薦めできます。

電気についての素朴な疑問から、そのいろはを徹底的に学習可能。
うんちく程度では終われません。
このへん押えておきたいところが満載です。

なかなかありませんよ。
こんな本は。


そろそろMY本屋かな?
posted by O at 00:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

電気屋さん向け学習キット、テキスト情報

電気屋さん向けの本


これは地味ながらいい本です。
「交流とはどんなものか?」
「電圧、電流、抵抗の値はどうして測るか?」等、
現場に出る前に知っておきたいノウハウが満載です。


重電のオーソリティー紙田さんの著作です。
親しみやすい文章で、詳しい内容が書かれていていい本です。


数少ない電気屋さん用の電気回路の本です。
図解も豊富で、とっつきにくい内容が、身近に感じられます。

多くの方が、テストのための勉強や、実際やっている大工仕事の習得に走りがちだと思いますが、このへんの本は買っておいて、パラパラ見ていた方がいいと思いますヨ。

電気学習キット
のもとの電気実験キット
http://www.kknomoto.co.jp/frame.htm

電気の基本を学ぶのに、こういうキットをやりながら本に目を通せば、随分わかりやすくなりますよ。
posted by O at 18:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

プロ用の電気屋の道具買うならここへ

工具の専門店KPT
https://www.kpt.co.jp/main.php

ホームセンターにもあまり置いてないスグレモノ工具が目白押しです。
電気屋専門道具は、ほとんど揃うんじゃないかな?
設備屋さんの道具も置いてありますよ。

素人の人でも、ペンチなんかここで買ってもいいんじゃあないかと。
そんなに高くはないですからね。
一度覗いてみてはどうですか?

ちなみに会員にならなくても、商品ページはみられます。

検索バーに『ペンチ』というように欲しい道具の名前を入力して検索すれば、すぐに商品一覧画面が出て来ます。

送って来るのも早いですヨ。

『電気工事工具活用マニュアル』


よく知らないで使っていることの多い工具。

工具について詳しいことを知りたければ、ちょっと古いけどこの本をどうぞ。
posted by O at 02:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ばっちり合格!第二種電気工事士試験!

お久しぶりです。

パソコンの調子が悪いのと、ちょっとお金が入り用だったので、しばらくぶりのブログ復帰です。

書くことがなくなったわけではないのでご安心を。


受かりましたよ。

第二種電気工事士試験。

ばっちり合格のお知らせ葉書が届きました。
あとは交付を受けるだけ。

やっぱり嬉しいですねえ。
これでいつでもフリーター卒業できますから。

集中して勉強したかいがありました。

とかなんとかいってるうちに次のプロジェクトに、Oは着手中です。

興味のある人はまた読んでね。
posted by O at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

エンジニアでいるためには・・・ビジネスライクというだけでは開かない扉。

どうも、Oです。

パソコンの調子が悪いです。

fedoraがカーネルパニックになってから、半月になります。(苦笑)

hda1を残したまま、再インストールができません。

今じっくりパソコンと向き合ってる暇もないんだけどなあ。
早くなんとかしたいところです。
まあ、今のところかえって都合がいいかと思っているんですが。

実は、二種電気工事士の発表を待たずに、一種電気工事士の受験を決め、ただいま講習に通ってます。

土日潰して、朝から晩まで講義聞くのはなかなか充実します。
連休があって良かった。

おかげで、かなり重電については詳しくなりましたよ。

ただ、問題は電気理論なんかの計算問題ですね。

二種の時は、一日講習とあとは独学だったんで、半分計算問題は捨てて、それでも受かったんですが、一種はそうはいかない。

公式の意味は、あらかた頭には入ったんですが、まだすらすら出てこない。
そろばん薦めましたけど、やっぱり金勘定以上の、自然の法則に準拠した科学計算が必要不可欠なんですね。

Oは、その手の計算が大好きなんですが、世間を見れば拝金教の信徒ばかり。
二十世紀は異常な時代だったんですよ。

みんな損得勘定しかしないんですよねえ。
非常にやりにくいムードです。

世の社長族に言いたい。
経理と経営は違うんじやあないですかと。
それもあやしいよりは、まだましだと思いますけどね。
だけど、お金の勘定だけでは、理工系の世界にはなかなか入っていけなくなります。
金銭管理は大事な事ですけどね。
野球のスコアブックつけみたいなもんでしょ。
そればっかりじゃ、キャッチボールも出来ないし、バットも振れない。
本分を忘れてはいけません。
自分達が社会の中で生かされているその根拠である、ミッションを全うしましょう。

喫茶店に水のみ場とレジしかないみたいな感じしませんか?
メーカーにいる人間にも、そういうの多いんですよ。
テスターより電力メーターが大事みたいなね。
バランスシート出したり、原価計算はやっても、サインコサインタンジェントはもう忘れたみたいな。
社長からしてそういう会社多いんですね。

そんなんじゃ理工系の会社やっていけないと思うんですがねえ。
金勘定が、神の作ったこの宇宙のしくみを解き明かす公式を超え、包括したりはしないと思いますよ。
考え直しましょう。

何屋なんだかはっきりしない商いなんか、所詮詐欺ですから。
会社のお金をきちんと数えるのはいいけど、それじゃ奥様族の家計簿つけと同じ。
自分達が社会の中で、生きて、生かしてもらい、やっていける存在理由が無いんだよね。
株主向けの決算表なんかには。
金数えながら、在りし日の本田さんみたいに現場まわるくらいしないとね。

そんなわけで、今Oもこんな本をやってます。

電気書院
第1・2種電気工事士のための「やさしい数学」

アマゾンででません。

でもこれいいですよ。

現場にでてるうちに、分数の計算のやりかたも忘れたような人でも大丈夫。
抵抗計算やる前の基礎演習からやれるようになってます。

グッドなお助け本ですね。

ではまた明日の講義あるんで、おやすみなさい。
posted by O at 00:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

いよいよ大詰め!電気工事士試験

第一種電気工事士筆記試験まで、あと残すところ一週間になってしまいました。

大相撲は外人力士同士で優勝争いになったり、アメリカにはハリケーンが来たりで、今までの社会は崩れてしまいそうですねぇ。

電気工事士試験も今回から、筆記の範囲が増えるんですが、本番はどんな問題が出るやら?

何にしろ、試験範囲に入ってる分野の内容を、しっかりと頭に入れておかないと、形式の違う問題に対応しきれません。

試験制度変わったばかりで、新制度に対応したいいテキストがまだあまり出てないんですよ。

そこで、Oのお薦めです。
『第二種電気工事士講座教科書 1〜3』
社団法人 日本電気協会
http://www.denki.or.jp/
オーム社刊

二種電気工事士試験の時に買ったんですが、ぱらぱら見るだけで、試験の日が来てしまいました。

解説、説明は一番わかりやすいかもしれません。
第二種と書いてますが、第一種の範囲までほとんどの試験範囲について書いてあります。

試験用の他の本より、正しいテキストだと思いますよ。
きちんとした体裁なので、とっつきにくいかもしれませんが、図解も写真も豊富で、カラー印刷してあり、他の本より見やすいです。
買っておけば、合格に導いてくれるかもしれません。
筆記の講習会のテキストに、この本使ってくれればいいんですよね。

頭の中がごしゃごしゃしてきたら、iモードの『線脳道場』でもやって、気分転換を!
問題クリアーするたびに、すっきりしてきて、電気工事の勉強がやりやすくなりますよ。

配線ゲームみたいなもんですからね。

いまいち問題解けないなら、テスターでいろいろ測定してみるとか、実技の練習やるとかすれば、調子が良くなると思います。

さあ、あと一週間、ラストスパートするとしますか。
posted by O at 22:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

第一種電気工事士筆記試験終了

image/diarybyo-2005-10-02T13:46:27-1.jpg

あー、お疲れさま。

筆記試験やっと終わりましたよ。

二種の時よりは、勉強したとはいうもの、先生達はずしてくれちゃって。

テキストで説明端折ったところが随分出たもんなあ。
電気理論の計算問題も、公式覚えたくらいじゃ、なかなか解けない問題ばかり。
かなりきつかったよ。

それでも、とりあえずテキストをひととおりやって把握した、電気工事の一般常識で四割は得点出来たかな?

あとは、おぼろげな記憶から消去法でありえなそうな選択肢をはずして回答。

うーん、どうだろうか?

二種の試験終わってから準備した割りには頑張ったかと自分じゃ思うけど、実務経験五年積まなきゃ、合格してももらえない資格なんてちときついよなあ。

講習会費用を、電検三種にまわせば良かったような。
僕は、別に資格マニアじゃないんだけどね。

でも、一ヵ月間の間に電気理論の概略は把握出来たことだし、いろいろ知識も増えたし、受験したのは正解だったかも。

まあ、また良く考えてみましょう。


しかし、国家試験なんて全部年二回はやって欲しいと思いませんか?
怠慢ですよ。
この就職難のご時世に。

あと、この手の技能系の資格の基本テキストは、全部ビデオにしなくちゃね。
映像時代なんだしさ。

いくら文章や図解で説明したところで、わからないこと一杯あるんだから。

現場の先輩達みんながみんな、しっかりした仕事をちゃんとやってるとは限らないでしょ。

元締め団体の皆さん、そのくらいやってくださいよ。
現場で、見よう見真似じゃ危ないんですから。

インターネットでビデオ見られるようにしてさ。

そうすれば、技術水準上がると思うけどなあ。

もう、そういう時代が来てると思いませんか?

当局のお達しで決めればいいんだよね。
技術系の国家資格の元締め団体は、実務と試験で要求するその具体的な内容、及び基本的方針を、受験者にわかりやすく、視覚的に把握出来るように、ビデオとテキストにその全てを明示せよ。

なんていうようにさ。

じゃなきゃ、整備不良なんて減らないよ。

本当にこうして欲しいなあ。

あぁ、そうそう、二種電気工事士の免状届きました。
なんかあっさりしてて、パウチもしてないけど、やっぱり嬉しいですよね。


さあ、これからどうするかな?コメントありがとう。
posted by O at 13:46| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが、第二種電気工事士免状だ

image/diarybyo-2005-10-02T21:00:53-1.jpg

初めて見る人も大勢いるでしょうが、これが第二種電気工事士免状です。

本物です(笑)
当然、自前です。

写真うつりが悪いので、中身はお見せしませんが、かなり地味です。

えっ、これなの?
そんな感じですね。

現場の先輩達には一度も聞けなかったなあ、ちょっと免状見せてくださいとは。
嫌味か、これじゃ。

まあ、俺よくやったなあって感じですね。


何分、インターネットの中なんで、リアリティを出すため、載せてみました。
posted by O at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

受かったみたいです、筆記試験

来ました。
模範解答。

しくじりがはっきりした問題もあって、気持ちの上で少し投げていた筆記試験ですが、六点オーバーの六十六点でなんとかパスしたみたいです。

講習会のお陰かな?

先生方、どうもありがとうございました。

実技もよろしく。


しかし、問題演習もっときっちりやった方がいいですね。

特に、計算問題は、公式を丸暗記するだけでなく、いろんな問い方の演習問題を解いて、公式の応用ができるくらいでないと、得点できません。

公式をあてはめれば解ける素直な問題は、やっぱり第一種電気工事士筆記試験ということもあってほとんどありませんでした。

あと、記憶を明確にするまで、図記号や図面、関係図等の絵を自分で書いて覚えた方がいいですね。


あとは、できればオヤジの蘊蓄式でわやくちゃのオツムを、きっちり計算やったりして、きれいでシンプルな思考回路にしておいたほうがいいです。

複雑に見えるものを簡単なものに直して、頭に入れておいた方がいいですね。


あぁ、でも受かってよかったな。

実技もあるし、それ通っても当分免状はもらえないけどさ。

可能性は広がったわけだ!

ディジ験も工担?も電験もエネルギー管理士も待っている!

またやってやろうじゃないですか!

posted by O at 21:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

認定講習忘れてました。

トラックバックどうも有難うございます。

忘れてました。
認定講習あることを。

いくらかかるのかな?

僕の場合、普通自動車免許取るのが先かなと思ってましたけど、就職できるかな?

それより、当座のお金も必要なんですけどね。

あしたは、いや、今日か。
電験スクールで、数学講習あるんだけどな。
教科書買ってないしな。
どうしようか?

ぷらぷらもしてらんないんだけどさ、いいかげん。

スポットで働くのも気が引けちゃって。

そろそろ、進路変更本気でしなきゃナ。

朝か、もう。

posted by O at 03:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

技能試験終了! 技能試験終了!−−−いやあ、ヒヤヒヤでした。

あー、終わった。

何がって、第一種電気工事士技能試験ですよ。

今回は、講習会に行く費用も足りなかったので、本屋で売ってる受験セットで済ましたんですけど、見事な一夜漬け?(でもないか)になっちゃいましたね。

なんてったって、前の日初めて組んでみたV−Vが出ちゃいましたからね。

試験直前に、トランス周りの配線を確認してて良かったですよ。


もう少し早く、通販で買える電気書院の受験セットを知ってたら、余裕あったんですけどね。


動力周りや制御回路やる暇なかったんで、まあそれでも運が良かった方でしょう。


しかし、二種の時と違って、回りに素人くさい人はほとんどいませんでした。

当たり前か。


まあ、学生や、代人らしき人たちが、ちらほら汚れてない圧着ペンチ使ってたくらいですね。


一応、買い込んでいた電線使って、電灯周りの基本配線パターンの練習は、ずいぶんやっていたので、頭の中で複線図を書けるようにはなってたんで、結構楽でしたけどね。

あまり組んでなかった配線とはいえ、試験前に配布される材料一覧表を見て、出題図面がほぼパーフェクトにわかったんですよ。


しかし、駒大の机といすはやりにくかったなあ。

机についてる椅子がゆらゆらしちゃってね。


ちらっとみせる心線?で減点されていなけりゃ、合格でしょう。

多分ですよ。


まあ、どうなるか?
posted by O at 14:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

合格報告!・・・第一種電気工事士試験

やっと来ましたヨ、合格証書。

僕のメソッドも間違ってはいなかったということでしょう。

ま、現場出なきゃ意味ないけどさ。

まだ分かりきってないところも沢山あるし。


まあ、でも僕にとっては、文句無しにいいニュースですから、素直に喜びましょう。

就職も独立も可能ですからネ。

『やったネ!』


合格証書画像は、携帯電話の不具合が直り次第、アップしましょう。

ゲームや、時計、アラームなんかは、使えるんですけどネ。

お金を振り込むか、USBケーブル買ってくればアップ出来ますから。(笑)
posted by O at 20:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

電気工事士試験を受けられる皆さんへ

筆記試験まであと一ヶ月。

今頃、さぞかし大変なことでしょう。

僕も去年の今頃は、四苦八苦しながら、ファミレスなんかで勉強していました。

なかなか過去問やったところで、本当の理解にまで到達しないんですよね。

こんな本から読んでみては?





では、勉強効果があがるアドバイスを僕なりに…

いろいろな方法。

まず、技能試験のセットをそろえて、なんとか今年から出る配線図を実際にすべて作ってしまう。

これを先に一通りやると、学科の試験でも、理解力がアップします。

とにかく電気屋の仕事はこれなんだ!というところを押さえてしまうことです。


次に、様々な配線図を指や鉛筆でなぞって、電気が通っていく道筋をきちんと確かめること。

これをやると、回路がイメージできるようになってきますよ。

そして学科。

教科書を見る前、または該当箇所を読みながら、これをやってみましょう。

学研マイキット


基本回路はほとんどこれで学習できます。

小さいながらトランスなんかもついてるんですよ。

本を読んだくらいでは、電気ってなんだかわからなくて当たり前です。

しかも、現場ではあまり繁盛にやらない、直接扱わない事柄も試験には出てきます。

電源つないで、スイッチ入れないとわかりにくいですよ。

電子ブロックよりもこっちの方が、実際に電線を接続しますから、回路というものがだんだんわかってきます。

メーターも読みますしね。

これやらないと、単なる知ったかぶりになりますよ。

当たり前ですけどね。


計算問題攻略で、やりやすかったのがこの本。



実にわかりやすくかかれていて、数学が苦手な人にもお勧めできます。

めちゃくちゃ簡単な計算練習から始めるテキストなんで、ありがたいですよ。

今からでも間に合います、本当です。


あまり教科書ばかりを一人で読んだりしない方がいいと思います。

やらないうちには読めない内容ですからね。

早めに、これらのことをやっておけば、あとは普通の勉強法でなんとかなるはずです。



この本をいつも持ち歩いて、何回もやって答え合わせをきちんとして見直せば、点数稼げると思いますよ。

豆本の方はわかりにくいし読みにくいでしょう。


試験の直前ぎりぎりまで、あきらめずにしつこくやることです。


勉強部屋には、周りに電気工事グッズをひととおりそろえておき、いつでも手にとって見られるようにした方がいいと思います。

合格への道が開けてきますからね。

島忠なんかには結構置いてあります、

買って置いた方がいいと思いますよ。


そして技能試験。

二種は出題される回路が今年から決まっていますから、できれば多めに材料を買っておいて、一度うまく作れた回路をばらさずにとっておき、回路図と一緒に部屋の目に付くところに飾っておくといいと思います。

成功体験!を心に刻みつけておけば、本番でも、ああこれね。で済みますからね。

余談ですが、去年の一種電工の技能試験で、技能試験の材料を買いそびれてしまい、試験直前になってやっと模擬テストに取り組むことが出来ました。

試験前日に初めて皮をむいたケーブルもやはり出題されて、本番ではそれが手の中ですべってすべって…その日は雪が降るほど寒かったのですが、試験中は全身大汗でしたよ。

まずは材料の扱いになれないと、余裕を持って回路を読んだり、再構成出来ませんから、現場で十分やっていない人は、早めに材料を買いそろえて、一度作っておいた方が、テキストや講習会の先生の言うこともよくわかっていいですよ。


まあがんばってください。

右下の電気工事のリンクをクリックすると、去年の電気工事に関する記事が読めます。

参考にしてください。電気工事士技能試験、試験時間節約マル秘テクニック
posted by O at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする