2005年08月06日

エレクトロニクスの勉強するなら―――電子回路学習キットの紹介

どうもOです。

週末眠いです。

夕方、帰宅してパタンと一眠り。
目が覚めたら、テレビでは『火垂るの墓』を放映してました。

途中から見たんですが、こんなお話だとは知りませんでした。
原作者が、あの野坂昭如さんだったということも、これが実話ということも。

可哀相すぎるんですけど。

今、かなりブルーなんですが、記事書いときましょう。


電子の一般常識

エレクトロニクス豆知識
http://www.rohm.co.jp/en/index-j.html

いいページです。
一度は見ておきましょう。

学習用電子キット
http://www.adwin.com/elec/kitdeasobo/note_02.html
わりとお安めです。
興味のある方は、やってみてはいかがですか?

学研マイキット
http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/vol16.html
こんなのもあります。
くわしいことはこのページにのってます。
http://www10.ocn.ne.jp/~ectoyfan/gakkenmykit150.html

これは本格的
http://www.catalysts.co.jp/

初めの一歩は、これからかな? でもちょっとわかりにくく、意味不明かも。
http://www.kknomoto.co.jp/science/yk/yk04.htm


そして、回路組んだりする前に、iモードの『線脳道場』へ
posted by O at 02:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

ありそうな仮説

みなさんは、モールス信号を発明したモールスをご存じでしょうか?
もっとも、発明したのは技術のアイデアだけで、実際の実装は別の人がやったそうですが。
モールスは生前、ホイートストンというビル・ゲイツにそっくりなホイートストンブリッジを発明した人と知り合いだったんですが、モールス自身にそっくりな人が、やっぱりアメリカにいます。
誰あろう、スティーヴ・ジョブスです。

もちろん、僕の仮説にしかすぎませんがね。

でもありそうな話じゃありませんか?

文系にもわかるアーキテクチャーで普及したモールス信号は、マックに通じるものがありそうです。
画家だったモールスと、映像に走ったマックやスティーヴ・ジョブス。
共通点ありますよね。

天国で、二人が相談して、こんな時代に俺たちが生まれたら大成功間違いない!
なんて考えて出てきたとかね。

だったら流行るのも当然なわけですよ。
成功する下地かできてるからね。
他の人がやっても同じようにはいかないでしょう。

しかし、お二人とも地が出ちゃったみたいで、その辺誤算なのかな?

あくまでも、僕の仮説です。
あしからず。
続きを読む
posted by O at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

made in ☆ 秋葉原

クリスマスを前にして、世間は冬休みに突入ですね。

師走で忙しい人も多いでしょうが、年末年始はやはり結構暇なもんです。


そこで、冬休みの楽習課題に、電子のお勉強をしてみましょう。

サイエンスチャンネル made in ☆ 秋葉原
http://sc-smn.jst.go.jp/4/series.asp?i_series_name=made+in+%81%99+%8FH%97t%8C%B4

二人のメイドさんと一緒に、ご主人様に聞きながら、一台のラジオを組み立てて、電子のパーツとその働きを学ぼうというコンテンツです。


実際に同じパーツを買ってきて組み立てれば最高、見てるだけでも電子というものが、まあまあわかって来ると思います。

要するに、あの緑の基板の仕組みはこんなものなのねという事が、見当ついて来るので、一度は目を通しておきましょう。


おじさんの解説はちょっといまいちなんですけどね(苦笑)
posted by O at 12:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする