2005年06月25日

バグバグ?

ハグハグの方がいいよなあ。(笑)

冗談はやめにして、seesaaさん、バグバグしてませんか?

画像出ないんですけど。
メールで送っても。

工場で働いてると、どうもシステム不具合が気になって仕方ないんですよね。
職業病っていうか、性分ていうか。

TQC活動した方がいいですよ。
みんなに逃げられないうちに。(これは失礼)


バグがなかなか無くならない、そんな悩みを抱えるあなた!

あなたにいいことを教えてあげましょう。

http://www.one-bridge.co.jp/kigyou/index008.html

このページへ行って迷わず、一番上のものを除く全ての本を購入するのです。

あなたに関する全てのバグは、この本のエクササイズをやることによって、みるみるうちに減って行くことでしょう。

本当ですよ。

特にコンピューターにおいては、効果てきめんです。

コンピューターが実際何をやっているかが、手に取るようにわかるようになり、組む全てのプログラムからバグが無くなって行きますヨ。

やっぱりね、いろんな物ごとがうまくいくようにするためには、心の中から一度間違いを徹底的に洗い出して、それを自分で見つめて直さないとどうにもならないよ。
間違いだらけの習慣や方法論、物の考え方の上に、よそから持って来たものを上書きしても、間違った地がひょっこり顔を出してそれを歪めちゃうんだよね。

他にもまだまだ・山あります。


このエクササイズでかなり変るヨ。

エクササイズに疲れたら、このゲームでもやってみましょう。

http://drudgery.s115.xrea.com/solitaire.htm

携帯なら、iモード 着信あぷり フォーティーワンへ

健闘を(検討を?)祈る。
posted by O at 21:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

CompTIA受けてる人いませんか?

テキストや問題集見るかぎりじゃ、わりとポイント押さえたいい資格試験制度だと思うんだけど、受けてる人いませんかねぇ?

果たして合格者は優遇されるのかなあ。

ただ、受験料がやけに高いんだよね。

壱万円以下にしてほしいよ、せめて。

勉強代もかかるんだからさ。

posted by O at 03:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

びっくり!すごく地味なIT 検定!

情報検索基礎能力試験

情報科学技術協会
http://www.infosta.or.jp
こんなのあるんですね。

見られないからわからないけど、筆記試験で何をテストするのかな?

ネット検索か?

無料 ○○○ でなんとかが出ました。
○○○に当てはまる文字は何?とか?

わからないけど、笑える気もしますね。

で、これに受かると、某○ー○○とかに就職出来るのかな?

○ー○○自身出来なかったりしてね。

十一月実施ということで、今から間に合うのかな?

興味ある方は、チャレンジしてみては?

posted by O at 01:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

再度、映像アップロードの試験運用です。




これが、最長時間かな?


なんとか、画質をもっと上げたいよね。

最新機種じゃもっと大容量の送れたっけな?


しかし、ダウンロードも出来るとはね(大笑)

いやあ、たいしたもんだ。
posted by O at 01:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

これでわかった、パソコンとケータイ!・・・「パソコンとケータイに弱い」が治る本

今日(昨日)は楽しい土曜日です。

勤務シフトが変わって、土日休みが日月になったので、やっと開放の土曜日なのです。

時間も午後一時から十一時までとなり、平日はほとんど遊べないのです。


朝は遅くなったけれど,歯医者にまた行きだしたり,疲れが肩に来て、整体にも通ったりして、朝は朝でまた忙しいんですよ。


土曜日だけは午後九時にあがれて,解放感からついつい買い物しちゃうんですよね。


ということで、何かが置いてあるという匂いを嗅ぎつけ,寄ってみたブックオフで買ってしまったのがこの本です。





これは、NHKのITホワイトボックスという番組の内容を、マンガ付きでやさしく簡単に書籍化したもので,この手のムックとしてはかなりいい出来です。

ITホワイトボックス 過去の番組案内
http://www.nhk.or.jp/itwb/programme/

「パソコンとケータイに弱い」が治る本というタイトルからは、どうしてもケータイやパソコンが苦手なオジイやオバアが、ちゃんと使えるようにするための独習書かと勘違いしてしまいそうですが、実際まったく違いまして、双方を支える需要技術についてのわかりやすい解説書です。

どういうことが書かれているかというと、例えばCDMA
http://www.nhk.or.jp/itwb/workshop/13.html


どうもちんぷんかんぷんだったこんな用語も、この本ならわかります。


この番組紹介では、内容が堅めに見えますが,本ではマンガです。

そいうえば、昔あったケータイの混信。

全然知らない奴から電話かかってきたりしたもんね。


そんな事が起こらないように、送信する際に音声のデータに、パケット通信のように符号をつけたのがこれだそうです。

おしゃべりその物は、一音一音くらいに細切れにされて,その一つ一つに荷札がついていて,後でそれを合成するんだそうです。

こうすることで,同一周波数の電波に、違う相手の音声データを一緒に乗せて送ったりできるようになり、混雑がかなり緩和されるようになったとさ。


要するに、同一周波数の電波が、宅急便のトラック一台にあたるような混載便方式ですね。

というより、タクシー相乗りに近いのかな?

これは今まで僕はよくわかっていなかったので大助りでした。


こんな風に書いてくれよなというくらい、わかりやすい解説ですよ。


もう一つ,驚いたのはCELPについて。

これは携帯電話等で使われている、データ圧縮のための音声の符号化技術

どういうことをやっているかというと,ケータイで送っているのは、声の台本みたいなデータだということです。

つまり、雅治くんの「よう、元気?」という声のデータを、よう、元気という文字の台本と,雅治風の声でという指定の指示だけを送っているんだそうです。

アナログで、普通に同時に声を伝送すると,糸電話と同じで線一本がふさがってしまいますが,これはメールを速攻で相手のケータイに送って,ケータイにこんな声で読んでねと伝えて読ませてるようなものなんだそうですよ。

だから、微妙に遅れて聞こえたりするんですよね。


こんな最新?(ちょいちょい古めかな)技術について興味のある人には、最高の入門書ではないかと思います。


他にも、インターネット等についての同シリーズが出てるので,チェックしてみてはどうでしょうか?





posted by O at 03:07| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

始めてますよ、IT学習!・・・ITパスポート受験で,学び方色々。

いい加減、評価されない肉体労働に疲れてきてまして、もっと楽に生活するのに、いよいよIT業界を目指そうかと思ってIT学習始めています。

やるとなったら、行動に移すのは速い方なので、ITパスポート試験、4月の23日に受験します

今のところ,任天堂DSのソフトでやってみて、正解率60〜70%程度の当確ギリギリラインですね。

用語が頭に入るくらいには、パソコンイジって本を読んでいたので,ストラテジ関係以外は結構知ってる知識で対応できましたよ。



仕事場への行き帰りの電車の中で、これをやっているその結果ですけれどね。

これ、まあまあ使えるソフトだとは思います。

扱いやすいし,答えやすいし、やった分の結果は蓄積されていくしね。

特にいい機能は、問題解きながら問題文に出てくる専門用語の意味をチェックできるところ!

これはありがたいですよ。

ただ、問題の区分分けなどちょっと怪しいのかなという気もします

何とか図の説明ばかりは、文書でなく図その物を見せた方が早いとかね,不具合はそんなところでしょうか?

それと注意したいのは、計算問題結構あるんですが,これを暗算というのはちときつい面もあるということ。

でもやっぱり問題慣れするくらいには、過去問やらないとテスト自体を把握できませんからどこでも勉強できるこれで、まずは数をこなすと。

そして、過去問をある程度やってみて,そこから必要なところをしっかり勉強すれば大丈夫ということですよ。

あまり問題集並べて勉強できる環境無いですから,モバイル学習できるようにした方が、やっぱりいいですよね。

五千円もすると、買うのをためらうという人も多いでしょうが,2014年秋試験まで過去問をダウンロードできたり,基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の分も入っている事を考えれば、価格はむしろ安いくらいだと思います。

合格していらなくなったら,早いうちにブックオフに持っていけばいいんじゃないでしょうか?(笑)

これで応用技術者まで受かれば、そりゃあ充分元はとれたと思うでしょうしね。


面白い参考書はこれかなあ。

きたみりゅうじさんのイラストIT塾です。



イラストが可愛いですよ。

僕が持っているのは23年度版ですが,わかりやすさは変わらないでしょう。

経営に関すること以外,パソコン全般に関することは,ハード本体,ソフトの作り方やテストの方法等など一切合切,ご自分でやってらしただけあって、非常にわかりやすく書かれています

ただ、対応する問題自体がちょっと少なくて,内容が盛りだくさんなのはいいけれど、ちょっと支離滅裂の傾向があります。

参考ムックというか、副読本ぐらいに思っておいて、問題解きながらチラ見するのがいい使い方ではないでしょうか?

きたみさんの本好きで、勉強するのに内容はいいんだけれど、テスト対策がちょっと不十分な面ありと思うんですね。

この資格自体が、IT営業マン向けのような気がしますので、SEだったきたみさんだと、ややミスマッチなのかもしれません。

DSの問題解くだけじゃ足りないかなと思い,FOM出版のテキストとノートのセットも買って、やり始めたところです。



これ、なかなかいいですよ。

テキストと,書き込みノートの中身自体が完全に対応していないところもありますが,まずまず学習のツボはおさえていると思います。

過去問をやっていれば,これをしっかり覚えればというポイントはわかるので,テキスト読みつつ、しっかり書き込んで把握していけば、普段パソコン使い慣れているくらいの人ならば,全部書き終わる頃には七割前後の正答率までいくんじゃないでしょうか?

でも、時間をかけてしっかり勉強したいなら、このテストの範囲に入ってる分野の勉強を、それぞれ何冊か本を買うなりしてやっておくのがいいと思いますね。

簡単な経営学や、財務や経理の知識,コンピュータ基礎理論やネットワークの知識等など…

ざっと知っていてテストの回答できるだけだと,行き詰まるような気もしますんでね。

でも、アルバイター生活長い中で感じましたけれど,つくづくITリテラシーのレベルの違いが、収入の違いになっている世の中だと思います。

お役立ち度からすると,他の基本ワークの方が重要だと思うことも多いんですが,とりあえず,ITわかるとお金が入ってきやすいという世の中なんですよね。


そんな世の中で,このITパスポートという資格試験、コンピュータなどの情報部門以外の勉強や仕事をされていて、この先IT業界に転職したい人なんかにピッタリでしょうね。

例えば,メーカー勤務で在庫管理の手伝いやってたとか,通販サイトの出荷やってたとか,経営学だけ学びましたとか,そういう人がIT業界に入ろうとするときにちょうどいいスキルが身につくんじゃないでしょうかね。

勉強してみて良かったなと自分では思っていますよ。



あと話ちょっと変わりますが、前々から欲しかった一本何万円もするような業界の学習ビデオ,これが型落ちのお古(笑)ならウェブで安く見られるの知ってました?

ある意味、ネット内でのeラーニングの極致のようなありがたいシステム

動学.tv
http://www.dougaku.tv/ocn/index.html#totop

Linuxをイジり始めた頃,買いたくても買えなかったIT学習ビデオが、c言語〜ドリームウェーバーでも、CADでも何でもかんでもまとめて三千円弱で見放題ですよ。

クレジットカード持ってなくても,プロバイダの支払いで何とか対応できてます。

これは嬉しかったですよね。

本を読んで独学というのも、やっぱりかなりきつい面があるので,声も画像も出てくるビデオの存在,ありがたいと思いますよ。
 
この中にも、ITパスポート試験のウェブ問題集ありますよ。

こっちはあまりやってないけれど,800問ある問題のすべてをやって、解説をしっかりと読めば,これだけで受かる可能性もあります

DSに比べると,解説はこっちの方が大きく図解入りで書かれていてわかりやすいかもしれません。

リナアカとか,リカレントなんかに行きたくても行けないというあなた,本だけで勉強行き詰まってるあなたも、サンプルだけでも見てみてはどうですか?


さて、テストまであと一週間、もう一踏ん張りです。

posted by O at 00:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする