2005年06月28日

折り紙楽しいヨ

ブラックテンプレートじゃへこむなあ.

LINUXテキストログイン画面じゃあるまいし、ブラック画面はへこみます。

自分で見ててもそうなんだから、皆さんもきっとそうでしょう。

やっぱり両サイドバーかな?

しばしお待ちを!

これでもやっててね。

おりがみやさん
http://www.geocities.jp/rivervillagekyo/index.html

ちと、見た感じ古いけど、どうもおじいちゃんのページらしいんで。

ミスコピーの紙を、端から対角線で折って正方形の紙を作って折ってみましょう。

楽しいですヨ、本当に。

桃谷さんの折り紙はすごいです。

折った鳥が飛行機みたいに空飛んだりしますからね。




パソコン現代病のリハビリや、工場マンの訓練にもピッタリです。

きっと新しい自分が出来上がり!
posted by O at 20:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

魂と肉体の変革・・・あやとりの力

どうも身体の(文字通り)具合が悪いなあという方。

その辺のひもを結んでやってみてください。

魂と肉体が、ほぐされ、癒され、再構築されます。
本当ですヨ。
自然治癒っていうかね。

憑き物みたいなのが落ちたり、取れたりするんですよ。

あやとりのページ
http://www1.odn.ne.jp/asobo/6201.htm
http://www.jungle.or.jp/mi-child/dennsy10.html
http://www.sun-inet.or.jp/~nak-tak/ayatori.html
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi01/10ayatori/


この本と、東京書店 http://www.tokyoshoten.net/の「世界のあやとり」これがすごい効き目あるんだけどなあ。
http://www.tokyoshoten.net/kankou/book/01.html

あと、足裏手もみはきくと思う。

俺は自己流でやってるけどね。
こんなページありました。
http://www.tubodojo.com/ashimomi/

すぐに出来るから試してみては。

おりがみもきくよ。
http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=4696941

オジンの復活?をかけたリハビリ?なんかにも。
悪い冗談かな。

ただし、本当に効果あります。

手を使うといいんですよ。

マウス適当にいじったり、猿回しでタイプしてるなんて人は、やった方がいいですって。
訓練次第ですヨ。

人類や文明の発達は手の使い方で変って来たんですヨ。

自分の手になってないと、人はおかしくなったりしますから。

普段何にもしないような人は、千羽鶴でも折ってみては?

工場なんて、毎日それくらいの作業してます。

馬鹿になりませんよ。やればね。



パズルもいいですよ。何度やっても面白い。
クイズだけでなく、自分でいろいろつくれるしね。

大人がやっても手ごたえあります。
ネットにもあるけどね。(笑)
http://www.drudgames.com/tangram.htm

もの使って、手でやった方がずーっと面白いです。本当に。

これをピタっと合わせるための、手による微妙な調整作業が、脳にもいいんですよ。
工場は、毎日これです。

工員抑えるための猿回しや、見えないマシニングセンターによる型ハメされなきゃ、みんな頭いいんだけどね。
まったく。

お子さんいたら、ぜーったい買ってあげた方がいいと思います。
知恵と技が身につきますヨ。


図形だけでなく、やっぱり計算も!




算数苦手なお子さんに是非。
パソコンの前に、これです。
posted by O at 23:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

夏休みに楽しい工作なんてどう?

mecano.jpg

おっ!

これは何だ?


そうです。

これが、故井深大氏も好きだった(僕はこのひとはちょっと・・・なんですが)『MECCANO』です。

これは、10モデルで作った『自転車に乗る少年』で、転がすと、少年がペダルを踏んで上下左右に身体を動かします。
なかなか、感動しますよ。
「おっ。ちゃんと動くじゃないか!」という感じでネ。

簡単工具(もちろんついてます)で、他にもいろいろ作れるんですよ。


あんまりお店には置いてないので、ネットで見てみましょう。



お値段けっこう安い?んでお薦めです。

そのわりには随分楽しめますよ。

一つのキットで、何種類も作れるんだけど、これが一度作ると壊したくないんだよね。

まあ、見てみてよ。
http://www.2-han.com/omoshiro_1/meccano/index.htm

建築もあります。
posted by O at 00:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

あなたにもできる折り紙建築

spainhiroba.jpg
スペイン広場

これが、知る人ぞ知る折り紙建築です。
kaidan.jpg
山の石段

正しくは、切り紙のち,折り紙建築なんでしょうが。

kimtaikyou.jpg
錦帯橋

なんと、本になっていてアマゾンで買えます。


作り方は、本に詳しく載っていますが、簡単に言えばカッターで切り取り線を切って、折目を山谷それぞれ折って組み上げるだけ。
といっても、きれいに仕上げるには、それなりの技術が必要です。

当然、折れ線を、とがったものでけがいたりして、簡単に真っ直ぐ折れるように、あらかじめ筋をつけておくとか、その前にカッターマットぐらいはあったほうがいいとか。

一番難しいのは、全ての線に切れ目と、折目をつけてから、立体に起こす作業。
これやるには、くじりなんかあると便利かな?(ピンセットなんかでもいけるかもしれません)
kujiri.jpg
けがきもこれで済むしネ。
まあけがきは、コンパスの針や、カッターの裏なんかでも一応出来ます。

それとも千枚通しのほうがいいかな?
端から端まで針通るだろうし。

そうそう、これまた当然定規なんかもあった方がいいかも。
できれば、カッティング用のやつね。
フルアルミよりも、透明なスケールにカット用の補強がついたものの方が、下を透かして見られるから便利。
Oはほとんどフリーハンドで切っちゃいますけどネ。


kiss.jpg
KISS

これなんか、面白いでしょ。

建物以外にも、いろいろ載ってます。

上手く出来ると満足しますよ。

作ったあとは、たたんでしまっておけるのもいいところです。

http://www.japandesign.ne.jp/IAA/chatani/index.html 著者のページ

ここも訪問しておきましょう。


posted by O at 05:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

家でやりたくなる科学の実験

暑い夏、皆さんはいかがお過ごしですか?

ヒートアイランドで照り返しきついと、あまり表歩きする気も無くなりますネ。

どうですか、涼しい部屋のなかで、ひとつ科学の実験でも。

『挑戦!科学実験グランプリ』

ガリレオ工房の人の本です。
http://research.nii.ac.jp/~arai/image/galileo/galileotop.html

特別な道具を買わなくても、素人が自宅でできる実験を紹介してます。
マンガの解説つきでやりやすいですヨ。

でんじろう先生の本と違って、ちゃんとワケわかる科学的説明と解説が載ってます。
クイズ型式なのも楽しい要素。

本代だけで、ほとんどお金もかからず楽しめます。

お子さんの夏休みの自由研究にもなるんじゃないかと。
一緒にやってはいかがですか?

目次

第1章 台所で理科あそび!
第2章 テーブルが実験室になる!
第3章 みんながびっくり!
第4章 不思議?なんでこうなるの!
第5章 じっくり観察してみると!
第6章 "まじめ"に科学してみよう!

内容はこんな感じです。

さあ、チャレンジしてみよう。
posted by O at 02:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メカノ作ってみましたか?―――便利な道具ありますよ!

メカノ買っちゃった!人いませんか?
http://www.2-han.com/omoshiro_1/meccano/index.htm

返事来ないとわからないんですけど・・・

ま、いっか。
きっとメカノ買うとついて来る、普通の六角レンチじゃやりにくいだろうと思ったんで。

直角にしかささらないでしょ。
入り組んだところで締めづらいんだよね。

で、優れもモノのお助けツールがこれです。
tool_meccano.jpg
ちょっと見づらいかな?

この六角レンチ、先がまるくなっていて、斜めにさしても締められるんですヨ。
ボールポイントっていうんですけどね。

最高のドライバーで有名な、スイスのPBバウマン社の商品です。
http://www.pbtools.ch/index.asp 本社サイト
http://www.rakuten.ne.jp/gold/seed/newrakuten/rakutentokusyuu/PB/PB.htm 楽天ページ
この写真ならわかるでしょう。
色分けになってるのも、サイズ間違えないんでグーです。

くどいようですが、本当に使い心地は最高です。
使う度に、職人のエクスタシーを感じられるぐらい。
工具フェチなら全員知ってます。

どれか一つ買って、使ってみるように薦めておきます。
日本人の手にもしっくりとなじみますからネ。
posted by O at 03:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

青虫の飼育と観察

昔、小学生の頃、虫が好きでこれを飼ってました。
AOMUSI.jpg

山椒の木を鉢植えで買って来て、確か朝顔の鉢に刺してた棒を三本くらい立てて、まわりを青い網で囲って。

蝶になった時はそりゃあ嬉しかったもんです。

大人になってからも、時々多摩動物園の昆虫館に行ったりしました。


夏の絵日記みたいだな。
posted by O at 00:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

恐竜折り紙ーオルニトミムス

image/diarybyo-2005-09-25T23:00:36-1.jpg
生息時代
白亜紀後期

体長
3.5m

可愛いでしょ(笑)

なかなかこれ折るの大変なんですよ。

きれいに出来上がったら、自分でも大喜び。

なんてったって63工程もあるんですから。

あぁ、気持ちいい。


誠文堂新光社
新・おりがみランド
恐竜のおりがみ1 より
posted by O at 23:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

エアエンジンカー

image/diarybyo-2005-09-26T01:12:22-1.jpg
学研の科学のタマゴの付録、エアエンジンカー!
本屋さんで見かけた人も多いでしょう。

作ろうと思って買ってきて、いろいろ忙しくて置いておいたんですが、時間があったので作ってみました。
シャンプーみたいなエアタンクに、約2、3ccの単気筒エアエンジン。
フレームはプラスチックとはいえ、なかなか未来的なデザインでかっこいい。

組み立てはいたって簡単で十分くらいでできてしまいました。

さっそく、付属のポンプでエアをタンクに入れて、パンパンにします。

エアを入れても、そのまま動かないので、タイヤをちょっと指でまわしてみました。

プロロロロ、プスッ。

まわった、まわった。

原付みたいな可愛い音!

クランクはピストンにつながってもいず、つっついて動かすしくみなんですが、なんとかまわる。

走るのかな?

じゅうたんの上で試してみました。

やっぱり、プロロロロ、プスッ。

おいおい。
50cmも走ってないぞ。

エンジンついてるわりには、ミニカーを手で走らせるより遅いな。
なかなか馬力はあるんだけどね。

エンブレだけはしっかり効くという、困った代物。

タミヤなんかのとは違うか。

でもなかなか面白いよ。

今度は、空に飛ばしてみよう。
posted by O at 01:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

カーテック

image/diarybyo-2005-10-19T23:59:23-1.jpg

おっ、モーターショーかな?

いえいえ、僕の部屋でした。

トラクターに見えるでしょ。
これ、自動車技術の学習キットなんですよ。

といっても、作り替えの出来るブロックみたいなもので、遊んでも十分面白い。
結構リアルな動きしますよ。

欲しくなったら、のもとのホームページへ続きを読む
posted by O at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

あれは何だ?鳥か、飛行機か?

image/diarybyo-2005-11-19T00:14:30-1.jpg

豚でした。

んー、残念。


そうです、これが西武ロフトで見かけるフライングピッグというものです。

ちょっと現物どっか行っちゃったもんで、この写真で。

詳しくはこちら。
Flying Pig Gallery
www.flying-pig.co.uk

とりあえず楽しい紙工作です。

機械工学の基礎が学べ?ますよ。
posted by O at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

ユザワヤ知ってる?

ユザワヤ
http://www.yuzawaya.co.jp/index.html

クラフトファンなら良くご存知ですよね。

五百円払って会員になると、ほとんどの商品が10%引きになるの知ってました?

東急ハンズで買うようなものが、ユザワヤなら安いんですよ。

近くにあれば、一度は行ってみましょう。

オバン臭いんだけどね、ちょっと。


蒲田の本店は凄い所です。
posted by O at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ちょっとうるさいポンポン蒸気船

image/diarybyo-2006-02-07T23:55:18-1.jpg

闇夜に浮かぶ、海軍の秘密兵器かと思いましたか?

これが3分で作れる、学研の大人の科学のふろく、ポンポン船『ジェットボート』です。

『大人の科学』
http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/magazine/vol01.html

これがずいぶんと簡単な作りで、びっくりします。

心臓部はなんと、お湯をわかすボイラーから、水蒸気を吹き出し、そのついでに水を汲み上げるための、二本のノズルが突き出しているだけです。

それをこのキットでは、ロウソクの火で温めて、湯沸かしして、吹き出す水蒸気を推進力にして、水上を進みます。


まだ、その辺の港でも、どうかすると、ポンポンポンポン・・・なんて音が聞こえてきますよね。

まだまだ使われている、現役のテクノロジーなんですよ。

このジェットボートは、港湾の海上を走るポンポン船程、あんまり可愛い音はしません。

なんか、あのガズー?とかいう楽器(口にくわえて吹いてブーとかいう楽器)の音に近いです。

スピードとパワーも、家庭実験用に、抑えられているんでしょうが、いまひとつ、前に紹介した、スターリングエンジンを積んだ車には負けますね。



まあ、でもお子さんとお風呂に入る時に、一緒に推進式やったりするのにはいいかなと思います。

ただ、海?が荒れると、すぐにお湯をかぶって、火が消えて止まってしまうのでご注意を!

火傷にもご注意を!
posted by O at 23:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

夜空に輝く?タワークレーン

crane.jpg

さて、ここには一体何が出来るのでしょうか?

楽しみですね。

倒れてこなければいいんですけどね。

なかなかすごい機械だと思いますよ。

のもとさん、該当ページにリンクも貼れないんじゃ紹介も出来ないんですけど。

フィッシャーテクニックの大型クレーン組みたてキット
http://www.kknomoto.co.jp/frame.htm
http://www.kknomoto.co.jp/images/fischer/ba/ba-02-1.jpg

タワーじゃなくて、港湾のクレーンだけど、なかなかのものです。

一度作ってみましょう。
posted by O at 02:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しいスターリングエンジン

engine.jpg

新型の縦置きCDプレイヤー発売!

じゃなくて、スターリングエンジン組みたてキットでした。

大人の科学
http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/magazine/index.html

しかし、なんで俺が紹介したい本やCDの画像がないんだ?
アマゾンさん、なんとかしてね。
売り上げに響くから。

これが不思議なエンジンでね、シリンダーの上下で温度の差があれば、動き続けるという代物。

これに使われているホイールが、ほとんどCDと同じ物だったので、RATTのCDに取り換えてみました。

少し重くなるんですけど、そのぶんはずみ車になって、勢いよくまわるんですね。

この本の監修やってる方のページです。
http://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/stirling/stirlingIntro.html

スターリングエンジンが動くしくみを説明してくれています。


僕がやってみたところ、ライターの火で下からあぶるか、ハロゲンヒーターの上に持ってきた時が一番早く回りましたね。

電気ストーブや、オーブントースターの上が一番いいかな?

ホカロンと保冷材ではさんでもまわります。

熱力学を学びたい人も、ただ遊びたい人にもお薦めです。

ただし、組みたてには細心の注意をはらってね。
壊れ易いんで。


こっちは本格的なキット



詳しいことは、このへんの本で。


posted by O at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

新車買いました!・・・ちょっと小さ過ぎて乗れないけどね

どうです?

この勇姿!

bike.jpg

なかなか苦労しましたヨ、きれいに形作るのには。


こういう組み立てキットとしては、上出来なんだけど、組み上げるのにはちょっとした技術がいります。

できあがると嬉しいヨ。

これが、メカノ。





さああなたも、すてきなホビーをはじめてみませんか?

メカノ
http://www.meccano.com/
http://www.nikko-group.com/JAPAN/meccano.html
http://www.users.zetnet.co.uk/dms/meccano/index.html



※注意
posted by O at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

人間の住めるアパート・マンションにしよう!ーーー点検商法は問題だけど・・・

ニ、三日前にリサイクルショップで、空気清浄機を千円で買ってきました。

換気扇にフィルターつけたような、シンプルなやつね。

残念ながら、マイ携帯は植物電話状態なので、接続ケーブル持ってない僕は、画像をアップできません。

AIWAのやつです。

お店で、試運転してもらって、中のフィルターを確認したら、とてもフィルターとはいえない代物。

見せないとわからないと思いますが、大きなほこりだけは取れるだろうと思われるほど、目が粗くスカスカでした。

一応、ファンはしっかり回るので、フィルター部分は改造しようと思って、購入しました。


その足で、ロフトに行き、冷蔵庫脱臭用の備長炭シートを発見!

薄いキムコみたいなやつです。

中のシートだけを取り出して、フィルターにあてたら、サイズはほぼピッタリでした!


さあ、回してみると・・・

おお、さすがに吸引力は落ちるよな。

エアフィルターじゃないしね。

まるで目づまりした掃除機みたいです。


しかし、タバコの煙をそばに寄せると・・・

なんとか吸ってくれるじゃあありませんか。

出口からは煙見えないし。

まあ、効いてるよな、成功成功!


パソコンのファンの騒音が倍増ぐらいの音はしますが、仕方ありません。

静音モーターのはそれなりの値段しちゃうしね。


さらに、フィルターに匂い消しのための竹酢液を噴霧して、もともと芳香剤を入れるはずの場所に、空気をきれいにするトルマリン石を入れました。

これで、あの機械臭いやな匂いもほとんど出ません。

エアコンの匂いみたいなのね。


ずっと使っていて、部屋の空気ががらりと変りました。


いやあ、シックハウスじゃあないけど、部屋の空気かなり汚れてますよ。

タバコの煙だけでなく、見えないホコリや、たぶんカビの胞子なんか飛んでるはずだよ。

排気ガスも飛んで来るしね。


そのほかに家は団地の一階なんで、湿気環境も最悪なんですよ。

地面の湿気が全部上がって来ちゃう。

こういう団地には、例の床下木炭!本当にいるんだよね。

湿度の調整にね。


結露するところはカビだらけなんだよ。

今日、竹酢液をそこにスプレーしました。

これも効きます。


スプレーした後、カビ菌が死んでいくのがわかるんだ。


みなさんね、似たような住環境に住んでるんなら、まともな空気清浄機備長炭竹炭買っといた方がいいよ。

炭は見た感じ、白いやつね。効くのは。

700〜800度位の高温で焼くと、こういう炭になり、遠赤外線がでたり、 いろいろいいことがあるということです。

白炭っていうんだけどね。

備長炭より竹炭の方が、植物繊維が炭化したときつくる無数の穴が細かく、吸着性能は上です。

しかし、備長炭の方が硬くて、かたちが崩れにくいので、素人には使いやすいでしょう。

当前なんだけど、活性炭並に細かく砕いたものの方が、空気に触れる表面積が広いのでその分効きます。

ただ、粉は出るからね、どうしても。

布でくるんだりしないと、使いにくいしね。


市販のシートになったようなのは、大半が糊でくっつけたり(見ればわかると思うけど)してるので、その分効き目が落ちると思います。

炭の細かい穴が塞がれちゃうんだ。


竹酢液はろ過してある透明なものを選ぶのが無難です。

色のついた成分は、はっきり言ってオヤジ臭いヤニですからね。


炭について詳しいことは、第一人者の炭焼き博士岸本定吉さんの本でも読んでください。

もう故人ですが・・・
http://www.sanrinkai.or.jp/message7.html


マンションや団地さんざんまわってるからわかるんだけどさ。

自分では気がつかないその家の匂いって出てるんだ。

日当たりが悪いほとんどの部屋は、なんかカビ臭い。


炭は湿気をちょうどいいくらいに吸ったり吐いたりしてくれて、匂いも消してくれ、電磁場も吸収してくれる。

基本的に、要らない余分な物、汚れたものを吸着して、必要な物を供給するという、リサイクル事業者のようなキャラクターなんですよ、炭っていうのは。

こういう使い方するときはね。

遠赤外線も出るしね。


押入、靴箱、冷蔵庫、流し台の下、このへんにどっさり置いといた方がいいよ。

あと、タンスの中もだね。

床下に通気孔あるようなちゃんとした一軒家ではあまり効かないけれど(吹きさらしだから当り前ね)、マンション・アパートには絶対置いといた方がいいよ。

でなきゃ人間が住んでいられるような環境じゃないんだよ。

コンクリで固めた建物なんてさ、お墓とおんなじ。

似てるでしょ。

ハッキリ言って、良くないことして表に出れなくなったような人達が、閉じ込められ葬られるための、現代のお墓なんだよ。

または、ズバリ『檻』ね。

よくても、『物置き』でしょ。

作ってたからわかるけどさ。


いいお金の稼ぎ方しないと、そんな家しか買えないんだよ、本当に。


そういうマンションなんかを、なんとか人間が住める住いにするには、このぐらいやらないとダメだと思うよ。


炭をそばにおけば、野菜なんかも長持ちするしね。

あの古くなった野菜から出る老化ガス(わかるでしょ、オヤジ臭みたいな?の)を炭はよく吸着するんですよ。


点検商法で使われてイメージ悪いけど、備長炭や竹炭、おすすめです。









今日の一言

炭はアパート・マンション住人こそ買え。

住宅について


※注
posted by O at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

初のレザークラフト完成です!

image/diarybyo-2006-05-21T14:45:40-1.jpg

昨日の夜から、買い揃えておいた道具と材料で、情報カードと差し替え手帳用リフィルケースを作ってみました。

思ったより簡単に作れましたけど、厚めの皮を三枚重ねにしたので、なかなか手強かったです。

NEC_0381.jpg

まず、皮のカット。

はさみじゃきれいに切れません。

じゃきじゃき切っていくと、切り口はどうしてもギザギザになり、注意しても曲がりがち。

まっすぐ切るなら、カッターがいいですね。


定規をあてて、まずは軽くけがいて線を引き、あとでそれに沿ってカット。

角の丸みは、はさみで切り揃えて、あとで調整しました。

切り口はコバコートを塗ればピカピカのプロ並の仕上げになります。

koba.jpg


カットした材料に、ステッチングルーバーで、手縫い線をつけます。

tenuisen.jpg

切り口に沿わせて、溝を掘っていくので、端がキレイでないと、そのまま手縫い線にでてしまいます。

プロが使う型抜きがあればいいんですけどね。

縫い穴あけは、ヤットコ型の菱目打ちでやりました。
三枚重ねだと、穴は開いても、刃を抜くのに一苦労です。

hisime.jpg

これを使えば音は出ないので、静かに作れます。

注意しないと、表と裏の手縫い線からずれたりします。

要確認ですね。


ボンドで貼り合わせて、一晩置いてから、ついに縫い工程。

手縫いはやってみると簡単でした。

そうして、ややゴツめの手帳カバー兼用カードケースの完成です。

初回にしては、なかなかの仕上がり。

sumi.jpg

実用面では問題なく、オリジナルデザインもまあ成功でした。


なれれば、一時間弱で出来そうですよ。


仕上げにミンクオイルを使ったら、これがピカピカ!

これはもう商品化ですね。
posted by O at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

何で売り切れたまま、商品入ってこないのか?ーーーニッコーさん、メカノさん、そしてアマゾンさん



これかっこよくないですか?

メカノの組立キットなんですけどね。


欠品したままずーっと品切れ状態。

ニッコーさんにメール打っても、アマゾンさんに仕入れるようにお願いしても、まーだ入ってこないんですよ。

このページを見て下さい!
http://www.meccano.com/products/design/product.php?ref=847700

こんなに格好いいバリエーションいっぱい作れるんだよ。


どう考えたって売れ筋商品なんだけどなあ。


ニッコーさんがメカノを買収してずいぶんたつらしいけど、ヤッパリ他のニッコーのラジコンなんかの方を売りたいのかなあ。


俺はレプリカで満足するタチじゃないから、どうしてもこういう物にいっちゃうんだよね。


あー、早く商品入って欲しい。
posted by O at 04:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

2006年10月02日

パソコン自作するなら・・・

やっぱりケースはANTECしかないのかな?

http://www.links.co.jp/html/spec/a_top_antec.html


気の使いかたが全然他のメーカーのモノと違うよね。


現存するケースメーカーとしては、最高峰でしょう。

みんな買ってるみたいだしね。

知ってる人は知ってますからね。


一度作れば懲りるしわかる。

PCケースに何が必要かをね。


他にもいろいろ、やりようはあると思うけど,他のメーカーとたいして変わらないお値段で、ここまで作りこんでるANTECは偉い!

まあ、ただ買ってから,あまりにそのまんまでいいので、自作マニアにはちょっと物足りないかな?って思うくらい。


皆さん、パソコン自作するなら、ANTECのホームページのカタログ読んでからにした方がいいと思うよ。

アキバに行くのはそのあとで。

全然違うからさ。




皆さん、いっしょにアマゾンに「馬鹿じゃないの?」って言ってくれる?

なんで、画像が載ってないんだよ,いい商品に限ってさ。それにしても、セレロンは…
posted by O at 00:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

パソコンを自作しようとしている皆さんへ

GIGABYTEのパーツは絶対買うな。

真面目に仕事してない。

マザボは最悪。

質の悪いくそガキみたいなマザボ。

つなげた他のパーツをダメにするよう。


遊び半分で適当に作っているとしか思えない。


お金をドブに捨てたくなかったら、ギガバイトのマザボは買うな。


最先端の仕掛けを工夫して作っているようでいて、ベーシックなことは全部ダメ。

まさに台無し。

添付ディスクのドライバも入らない。

オンボード機能も落ちていく。


電子基盤は、インテルボードみたいに、ソルダレジストの地味な緑のモノを選ぶのが正解でしょう。


忠告です、気を付けて。インテルさんにお願いしたい。
posted by O at 01:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

ゆうこりんと一緒に科学のお勉強!…「放課後科学クラブ」

「放課後科学クラブ」サイエンスチャンネル
http://sc-smn.jst.go.jp/4/series.asp?i_series_name=%95%FA%89%DB%8C%E3%89%C8%8Aw%83N%83%89%83u

文部科学省もなかなかやるもので、タレントを起用したこんな番組まで作ってしまいました。

主演 小倉優子

スカイガールなんて番組もありましたが、こっちは本格的科学実験番組!

なかなか感動の巨篇?になっています。


ミニドラマとして見ても面白いので、一度は見てみましょう。

次回作が待ち遠しいですね。



人気絶頂みたいなので、なかなか見れないかも。

根気良くアクセスしてください。
posted by O at 10:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

作って乗ったらキット面白い!…光岡自動車マイクロカーキット

皆さん、自分で組み立てて公道で乗れる車あるの知ってました?

それを出しているのがここ、光岡自動車です。
http://www.mitsuoka-motor.com/

モーターショーでちょっと目立ってたオロチとか、クラシックカーもどきの車とかいろいろあるけど、僕が見た中で欲しくなったのがこのへんのマイクロカー。
http://www.mitsuoka-microcar.com/

使えるかどうか疑問あるけど、こういう小さい車好きなんだよね。

誰かや荷物を積む用があったら足りないけど、一人で乗って、移動する分には、こういうのがいいと思うわけです。


で、このうち、いくつかのモデルは、なんと自分で作って自分で乗れるキットとして売られているわけ。
http://www.mitsuoka-microcar.com/k-1.html

こんなのとかね。

ゴルフカーやピッチャーが乗る車みたいだけど、日常の足にはこれぐらいで十分かと思うんだよね。


前に見たテレビで、後ろが平台の軽トラ(ボックスなしのやつね)で、でっかいキャンバス後ろに載せて、豪快に外でモネみたく油絵で写生してるの見てサ、これはやりたいなと思ったわけ。

まあ、ジャイロとかでもできるだろうけどね。


それは置いといても、やっぱり自分で作れる車って魅力的じゃない?

俺ね、こういう車だけでなくても、自転車とか、バイクとかで、キット商品もっとあってもいいと思うんだよね。

こんな箱が、家に届いたら、それこそワックワクしちゃうね。
http://www.mitsuoka-microcar.com/k-1.html


うーん、ホンダとかやってくれないかな?

とりあえず、これなんて面白いなと思いました。
http://www.mitsuoka-microcar.com/k-4/k-4top.html

これで、どっかの公道封鎖してレースやるとかね。


とりあえず多摩テックのゴーカートでも乗ってくるかな?
http://www.mobilityland.co.jp/tama/
http://www.mobilityland.co.jp/motopia_t/dream-r/index.html

ここでもゴーカートの組み立てとか出来るらしいしね。


作って乗ってみたいよな、普通免許も無いからさ(大笑)
posted by O at 01:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

これぞ、期待の風力発電!・・・ループウィング風車の実力

ループウィング風車

おいおい、何やってるのかって?


実は、今作ったばかりのループウィング風車による風力発電機の実験中です。


扇風機の風で風力発電しても意味無いという方もいらっしゃるでしょうが、あくまで具合を見る実験ですから。

まあ、オートマ車のトランスミッションに使われているトルクコンバータみたいな状態なんですね、これは。



いやあ、しかし、率直に感じたところ、ダイナモ回すってのはなかなか大変な力がいりますね。

自転車のライトつけるのと同じぐらいの力を、風に任せるってのは容易じゃありません。

このループウィング風車、風のあたる方向が多少斜めっても、なんとか回る優れモノなんですが、それでも特に、回りはじめは重いかな?と感じました。

ただ、数値で説明できませんが、かなりの回転抵抗がダイナモにあっても、その降伏点を超える力の風が吹けば、カラカラと風車が回りだします。

ただ、この風車はダイナモ直結なので、なかなかきついです。


それと問題は、ギア変換による抵抗ロスと、主に風車に風があたることによって出来る乱流による回転軸の振動と騒音ですね。

これを解決すれば、なかなかいい発電機になりますよ。


しかし、これを十分回して、付属のキャパシタに充電した電気でミニカーが一・ニ分走るという変換効率。

風の力を直接動力に変換したり、風にのって動く、ヨットやグライダーの方が、エネルギー効率がいいかなと思います。

原始的な機械をなめちゃいけません。


なるべく余計な中間構造を省くことも、自然エネルギーの利用上、重要だと思いました。
posted by O at 00:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ただいまトイレの工事中

トイレ工事

なにこれ!


皆さん、いったいこれがなんなのかよくわからないでしょう。


うちの母によって破壊(笑)されたトイレ便座の復旧工事です。

いったいどんなケツだって話ですよね(笑)


父が、スポンジゴムやガムテープなどで応急処置して、今までだましだまし使ってきましたが、また壊れたので、今度は本格的に僕が直しています。

はじめは、ハンダごてで溶接!すれば、材料費浮くななんて考えたんですが、火事になったりしたら洒落にならないので、無難なやり方を模索してみました。


裏表に、薄いスチールの骨をあて、裏にはゴム板を接着し、表にはプラ板あてて圧着しています。

便座の裏

ボンドが固まってもつかどうかはまだわからない。

父の体重、80Kgに耐えられるかどうか?

まあ、この上からさらにテープで巻くようですよ。


しかし、この間も給水ポンプが壊れるし、このマンションもそろそろ寿命かもね。


うーん、引っ越ししたいな。
便座の補修

トイレ便座の補修工事完成
posted by O at 17:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

タケコプターはよく飛んだ!

タケコプター
これ、見慣れないもんですよね。

黄色と黒で蜂かと思ったら、タケ?コプターなんですよ。


早い話、プロペラ機を上に向けて飛ばすものです。

この場合、このチェックのタコみたいな羽は、機体が逆に回らないようにするためのものになってますね。

うまくプロペラを調整すれば、垂直に高く舞い上がって、上空5mから10mぐらいまでは飛びますよ。

舞い上がれ

飛びすぎて、木に引っ掛かったときは、木を揺さ振って落としてくださいね(笑)

もっと高く

まあ、広い公園で飛ばすのが無難ですよ。
posted by O at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

I'll be back!



なかなかうまい仕掛けになってます。
posted by O at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

アンテナ人間化してます。

トランジスタラジオ

♪カノジョ、教科書、広げてるときー

漫才のネタじゃないですよ(笑)

お懐かしいですね。

このあいだまでその辺で働いてたもんでね。


ということで、今夜は、トランジスタラジオ組んでみました。

今時、入手しにくいゲルマニュームダイオード使いで、わりとシンプルな回路ですが、やっぱり感度いまいち。

アンテナに手を触れないと、よく聞こえません。

アースも一応取ってんだけどな。


僕の自宅は間違いなく日本にありますが、このラジオではAFNしか入らないので 、まるでアメリカです。

AFN
http://ja.wikipedia.org/wiki/AFN
http://www.afnfan.net/afn_prog_m2f.html
http://www.afnfan.net/
http://www.afnfan.net/links.html

あんまり聞いてると、段々、軍物(MA-1とかね)着たくなったりして、軍人化しますよ(笑)


うーん、いや、日本語も聞こえてきたな。

もっと色々なラジオ組んでみることにします。こんなこと、やりたくなった人は…
posted by O at 21:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

鳴り響くサイレン




いい音、鳴ります!(笑)
posted by O at 22:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい実験・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする