2005年06月24日

Listen to the music!

欝陶しい季節になってきましたネ。
寝苦しい夜には、音楽でも聴きましょう。

Kraftwerk
http://www.klingklang.com/
言わずと知れた元祖テクノ


Matt Bianco
http://www.emarcy.com/bianco/
見られないかも知れないけど



高橋竹童
http://chikudo.com/
こんな夜は・・・って感じかな?

CLASSICAL ARCHIVES
http://www.classicalarchives.com/
最近はもっぱらこっち
posted by O at 03:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

西海岸の風が吹く

どうもこんばんわ。Oです。

懐しくてブックオフで買ってきた
RATT!! の二枚目のアルバム [invasion of your privacy] を聴きながら書いているので、当然ながらDJ気分です。



http://www002.upp.so-net.ne.jp/lieju/ratt/ratt.html

といっても、
誰が聴いてるんだかわからない状況で、ハイテンションをキープする、DJという職業は大変だろうなあというのが正直なところです。
ネットラジオは? リスナーの存在は確認出来るか。
それなら平気だな。きっと。

音が小さいんだヨ、音が!
パソコンで聴く音楽か!

ああ、失礼。三曲目の LAY IT DOWN のイントロの音量が物足りなくてね。
一曲目の YOU'RE IN LOVE も好きです。

今歌詞を見てると、なんか詩の内容と、曲が合ってないような気がするのは私だけ?
今さらだけどね。
テープしかなかったもんな。

今、全米ツアー中なのも、初代ギタリストがエイズで死んだのも知らなかったもんな。



ああ、LOSで聴きたかった。
そう、野外でね。

Oは色々聴いたりするんですが、どうも根は西海岸らしいです。
やっぱり元気になるんですね。こういうの聴くと。

RASHのLIVEも聴きたいなあ。



http://www.rush.com/php/home.php?f=1
聴けます! ちょっとだけね。



Coolに燃えたい人はこれを


ベックですよ、 JEFF BECK
首都高流したくなるよねえ、自転車で?




posted by O at 22:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

もっとListen music!

ブラックフェイスのうちに?こんなヘヴィな音はいかが?

Killing Joke
http://www.killingjoke.com/
http://www.listen.co.jp/store/xtpdat15074.jsp
http://www.excite.co.jp/music/song/4988006823969/

僕のお薦めナンバーは、Night Timeの中のKings and QueensとEighties

あと四、五時間して真夜中になったらダウンロードして、ヘッドフォンでこっそり大音量で楽しんで下さい。


ハイドがかなりこいつらの影響受けてます。

そっくりの曲、テレビでやってたよ。

もう、躍るしかない!
posted by O at 21:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JudasPriestは生きていた!

いやあ、世に疎くなったもんです。

まだやってたなんてね!

嬉しいじゃありませんか。
懐しいJudasPriest。

声にならないリクエストにお応えして、現代にマッチした名曲を。

「復讐の叫び」より Electric Eye


http://www.judaspriest.com/
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/JudasPriest/

聴くべし!
posted by O at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜のクルージングに

Stranglers知ってますか?



Tank 名曲です。
Black and white
もう年食った御子様達にうんざりしているあなたへ


このへんイギリスです。

俺は西海岸なんだけどね・・・つくづくアメリカ人て馬鹿で困るんだなあ、ホント。

その元はこっちか?

今どき英文学なんかもちょっとねえ。

もうどっちの国にも、前世紀のゴミしかないんだヨ。

英語なんか勉強したくはないよなあ。
馬鹿になるだけだからね。
いや、狂うだけかなあ?

もっと困るのは、自分が携わっている分野がさ、このへん由来の物だってこと。

ほとんどマッドネスですよ。

かといって日本もねえ。

もう自分の国でも作るしかないか。

入国審査にパスワードつくって?

そんなことはみんなやってるか。


posted by O at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

こんなBGMをかけながら・・・

アフィリエイト始めてみました。

全ページリニューアルオープンです。

過去ログも特撰情報満載ですから、ぜひ読んでください。

できれば、こんなBGMをかけながらね・・・

MATT BIANCO




疲れたー!

posted by O at 00:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

暑いです。だからこんなのを

808state
http://www.808state.com/



Techno Godと言われる(らしい)808Stateの傑作です。

今さらですが、最高。

なんか星空が見えてきそうでいいんだよね。

Oのテーマトラック?のひとつと言ってもいいでしょう。
このブログのBGMにしたいくらい。

このGorgeousでは、以前のようなクラブくささ?が薄れ、メジャーな音作りになっています。
一般の洋楽ファンにもお薦めかな?
posted by O at 14:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

覚えてる?YES

知ってる人は知ってるよね。
プログレのYES http://grumblemonster.nobody.jp/yes.html

といっても、Oの言うYESとは、ロンリーハートの頃のではなく、この2枚(これしか持ってなかった。)を言います。(笑)

今、邦盤安いみたいだよ。

やっぱり面白いと思うんだよな、このへんのYES。
この秘密めいてドラマチックなムードがたまりません。

「危機」の方の歌詞なんて笑えません。
ゴミくさいかな?と思ったりもするけどね。
結構夢中になって聴いたものです。

Oが思うに、YESの音楽って是非とも、何かの映像とドッキングさせて聴きたいね。
BGMやサントラに使われたりしたことあるのかな?

結構、宮崎アニメになんか似合うんじゃないかなあ。
面白いヨ、きっと。

posted by O at 00:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

トイドールズだぞう!

もう、子供じゃないんですが。(笑)
TOY DOLLS

いつも元気なトイドールズです。
まずは、ベストから。

トイドールズリンク
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Drum/3139/j-toydolls.html
詳しいことは詳しい人に聞いて下さい。(笑)

とにかくテンション高いです。
速さもぶっちぎりです。
いつもハイでいたい人は是非聴いてみて!

楽しいヨ!



posted by O at 01:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

この高品質のサウンドをあなたのPCで再生できますか?ーーースクリッティ・ポリッティ

キューピット&サイケ85'
http://music.www.infoseek.co.jp/cd/4988006720893/

この値段でサクッと買うのが正解です。

こんな傑作滅多に無い!
こんなバンド(らしくないけどね)も滅多にいませんけどね。
本当に気持のいい音です。

僕が丁度、古着着て街を飛び回っていた頃だよな。
この頃他に何聴いてたかな?
UB40とニューオーダー?
このへんのはざまに生まれた八十年代の奇蹟の一枚だよね。
どんな音か想像つく?
粋で洒落ててユーモラスで、まったり明るく飛び跳ねてる?
やんちゃにダブ?やってるロキシーミュージック?
これも知らなそうだなあ。

言いようが無いんだよね。

Oはこの一枚しか知りませんでしたが、今になって全部揃えたくなってきました。
なかなかないんだ、こんなにセンスいいの。

トランス世代はこんなの聴かないのかな?
今のクラブには似合わないか?
もっとも最近の作品は、また変ってきてるだろうけど。

Oは自信を持って、こう言いきりましょう。
これを買って、梅雨明けの夜に聴こう!
遊びに行きたくなるよ。
なんかいいことありそうな音だから。
posted by O at 23:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

音楽で避暑ーーーペンギンカフェオーケストラ

ペンギンカフェオーケストラ
http://www.penguincafe.com/home.htm 公式サイト
http://www.zopfshop.com/ ディスコグラフィー

毎日暑いですねえ。

Oは避暑地に行く予定も無く、クーラーもない扇風機だけの部屋で、うだるような暑さを堪能?しています。

なんかないかなあ?

で思いだしたのが、『ペンギンカフェオーケストラ』

あの古代エジプトの神官のような、ペンギンのかぶりものをした人達の出て来るアルバムジャケット。

思いだしましたか?

WEBで調べてみたら、リーダーが脳腫瘍で先日亡くなったとの事。
残念です。

なかなかこんな良質の音楽やれる人達いませんからね。
(なんか日本でも真似したようなのがいたような気も・・・)

いまないんですよ、手元に。

金欠の時、売っ払っちゃったのかなあ。

ああ、こんな夏にこそ聴きたかった。(僕が持っていたのはSigns of lifeだったな)
女子十二楽坊なんかと違って、確実に涼しくなれます。

(知らない人の為に言うと、これぞ環境音楽!なんかコマーシャルみたい!そんな音楽です。ストリングス中心の楽団)


(サンプル視聴可能です!アマゾンえらい!でもアフィリエイトの画像データもっと充実させてネ)

BESTとたんに売り切れみたいですネ。身内で買ってるの?

オリジナルアルバムは今、一枚千五百円程度です。
Oに金銭的余裕があれば、即買いです。

アルバム全部買っちゃっても、損しませんよ。

まあ、聴いてみましょう。


posted by O at 20:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

エッ、あのニューオーダーが、新譜リリース?

何かの冗談でしょう?

Oも一瞬そう思いました。

嘘のようですが、本当です。

NEW ORDER http://wmg.jp/artist/neworder/index.html メンバーみんな年取ったみたいです。(悲)



なーんて、春には出てたのネ。
まだ現役だったのね。
Oが知らなかっただけでした。

この夏には富士ロックに出るんじゃあないですか。
でも野外ってガラかなあ?

できれば、クアトロ(まだあった?)とか、芝浦インク(これは間違いなくもうない)やクラブチッタなんかで見たかったなあ。

あんまり大汗かいて聴くもんじゃあないと思うんですけど。

で、肝心の新譜をOはまだ聴いてないんですが、オマンチェ周辺のおいしそうなところがもれなく入ってるらしいです。
けっこうバンド臭さ復活してるらしいですね。
元は軟弱テクノ?でへなちょこオマンチェ(おっと危ない!)ですけどね。
なんとかグルーブ聴く前に聴いといてネ、みんなも。

外盤なら千五百円ぽっちですよ!
邦盤には、日本語の唄がついてるらしい。
ポリスやクラフトワーク、クイーンやスティクスなんかも、昔やったけど。
こんな国のリスナーに媚びなんて売らなくていいのに。

なんか苦しそうだよね。
なんか売れないと、どうしても困るんだか、若いのには負けられないんだかって感じです。


まあ、買って損はしないんで、まずは試聴してみましょう。

旧譜聴くんなら、これかBESTを。

posted by O at 21:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

インディアンの魂?ーーーTHE CULT

http://www.the-cult.com/ THE CULT公式ページ

懐しいですねえ、昨日の事のように思いだせます。
アートスクール時代に聴き狂っていたTHE CULT。


いないよねー、最近こういうバンド。
ハートに火を点けてくれるっていうか、魂の叫びって言うか。

イアンはやっぱり馬鹿なんて言う人もいたような気がしたけど、そんなことはどうでもいいんじゃないかなあ。
これを聴いて、あなたの全身に熱い血が通うようになればそれで十分だろう。



復活後のCULTも聴いてみよう。

Oが好きな曲は、『聖域を売ったヤツ』と『イフ』です。
posted by O at 02:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

夏真っ盛り?・・・じゃあなくても、AC/DC!

Hey,you!

AC/DCがいっぱい!(笑)
http://www.ac-dc.net/
http://www.acdcpower.net/
http://www.acdcrocks.com/
http://www.ac-dc.cc/
http://www.wmg.jp/acdc/

これだけあれば、十分かな?
試聴も出来るし、写真やスクリーンセーバーのダウンロードもOKです。

似合うよね、夏には。
こんな島国で聴く音楽じゃないけどさ。
季節がら、旬の音ってことで、AC/DCです。
海かなんかで聴きましょう。

ほんと、ネットで聴いたりするよりさ、カーステのFM放送で聴いたり、海水浴がてら、砂浜で旧式ラジカセ思いっきりガンガン鳴らすとか、でなきゃ携帯ミュージックプレイヤー(笑)に全曲つめこんで、このクソ熱い中ヘッドバンキングしながら歩いたりするのがいいんじゃないかと。
見かけたやつも「うんうん。」なんて納得したりしてね。

でも、きょうびのヤワなミュージックプレイヤーじゃ持たないかな?
会社ごと壊れそうだよな。

そんなことじゃ困るんだけどね。
クールな裏ではこんな時代なんだぜ、当分の間は。(みんなB'zで間に合ってる?)




デジタルリマスター盤で聴くと新鮮。音いいですよ!
目の前にアンガスやブライアンが現われるよう。
金太郎飴新発売!って感じ。

お金のある人は、ぜーんぶ買いましょうね。
お金のない人は、よーく試聴してみて選んで買いましょう。

AC/DCにはいくつか思い出があります。

そう、あれはOがまだ高校生だった頃。
中野サンプラザで、『ヘヴィメタルフェスティバル?』なる催し物(フィルムコンサート等)があって、たしか友だちと一緒に見に行ったんですけど、その途中で今ではすっかりお馴染のアンガス・ヤングコンテスト?が始まりました。
いやあ、各自いろいろ準備して来てやるやる。
面白いなあと思ってみていたら、「何とか番、H君」というアナウンスがあって、聞き覚えのある名前がコールされました。
珍しい名前なんでね。
そうしたら、出て来たじゃあありませんか、友だちのH君(爆笑)。
画用紙か段ボールで作ったSG抱え、ランドセルをしょって。

もう笑っちゃって、笑っちゃって。
いや、最高のパフォーマンスでした。

それから、十数年の後。
その頃、Oはコンサート整理のアルバイトをしていたんですが、丁度その頃来日したんですヨ、AC/DCが。
横浜アリーナは大変でした。
機材多くてさ。
前日の夜中までやってたな、搬入。

当日はみんな来ましたヨ、嬉しそうにランドセルしょって、SG持って。
よかったな。あれは。
思ったより随分ドカタのりで笑っちゃったけどね。
ネクタイ締めた往年のファン達も駈けつけて来てね、大合唱。
もうほんと、椅子なんかなくていいのにと思っちゃいました。

コンサート修了後、スタッフ全員でステージに集合!
さあ、片付けだというとき、あたりをみまわすと、あれ?何か落ちてるな。
おお、ピックじゃあありませんか!
ヤッタネ。

Oはそれを大事に持ち帰ったんでした。

AC/DC聴くんなら、夏休み終わらない今のうち!
早くゲットしたいね。

続きを読む
posted by O at 23:58| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

聴いてみた?NAXOS の音楽配信

昨日だか、一昨日だか、テレビでやってたけれど、あのクラシック中心の激安(良くは知りません、老舗の中古CD屋できいただけ)レーベルのNAXOSが、月々二千円弱で聴き放題のストリーミング配信始めたんだってね。

NAXOS
http://ml.naxos.jp/

そんなに有名な指揮者やオケの音源は無いらしいけど、地味ながらしっかりした演奏が揃ってそうだな。

買ったCDは当たりだったしね。

自宅のネット冬眠中だから、確かめようが無いけど、聴いてみたいもんです。

ナガラ族の有線がわりのBGMにはぴったりかなと思ってます。

サンプルぐらい聴けるんだろうね。

早くアフィリエイト販促でも、始めてほしいところです。

ただ同様だけど、聴いてるとなぜかボツるNHKよりはいいんじゃないかと。

他のジャンルもあるらしいから、自分で確かめてね。


Linuxでも簡単に使えるようにして欲しいなあ。

posted by O at 04:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

Oの思う、古き良き?アメリカのイメージ

ちょっと時代を遡って、いい感じでアメリカが元気だったころの、音楽を紹介しましょう。

年いってる人達には、何を今更と言われそうな気もしますが。


俗に言う、「あの頃」(笑)の音です。

CSN&Y 「デジャ・ヴ」


おすすめは、「僕達の家」「ティーチ・ユア・チルドレン」


レーナードスキナード 「プロナウンスド・レーナードスキナード」


「フリーバード」聴いてみて下さい。


僕の個人的な見解では、こういうのが最も?ましなアメリカだと思っているんです。

といっても、やってた当人達は、そりゃあクスリは当たり前なんていう生活態度だったんでしょうが。


音楽に関しては、素晴らしい。

のひとことですね。


紹介した曲は、聴く価値あります。

音楽配信の方が早いかな?

posted by O at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今、聴いて欲しいアメリカ・・・東海岸編

この辺も、ナツメロですが、ある意味タイムリーなので。

ビリー・ジョエル ベストでいいか。


やっぱり、オネスティかな?

上京組に聴いて欲しいかな?


こんな歌を、すっかり忘れてた人達にも、是非。

疑問
posted by O at 01:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜中に聴きたいこんな歌

野郎臭い曲の紹介が多かったんで、女性ボーカルなんかも。


まあ、皆さん知ってますね。

あの、ネスカフェ(ブレンディじゃないぞ(笑)、念の為)のテーマソングです。

ロバータ・フラック 「やさしく歌って」


♪killing me softly with his song …

僕は、この曲が好きで好きでしょうがないんですよ。


皆さん、知ってました?

渡辺美里が、この曲カバーして歌ってるの。


僕も聴いてないんでわからないんですが、あの元気な人がこんな歌をねえ。

興味のある方はどうぞ。
僕がどうしても好きな女性ボーカルの名曲
posted by O at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

歌唄う時は、歌詞を良く読んでから!

ローリングストーンズ、好きでした。

『A Bigger Bang』


まだ買ってないけど、ラジオで流れるといい感じです。

その昔、好きで良く歌っていましたっけ・・・



この辺の曲、今聴くと、懐かしくって、味があって、可愛い曲ばかり!

♪I can't get no,satisfaction・・・

and I try,and I try,and I try,and I try,

I can't get no.・・・

しかしまだ中学生だった僕は、アルファベットは読めても、肝心の英語の歌詞の意味も良く分かっていなかったのです・・・

お経のように、何回も何回も、くり返しくり返し・・・

♪I can't get no.・・・

そんなことしてると、心のハードディスクに染み着いちゃうんですね、こんな歌の歌詞が。


だからなのかなあ?

こんなんなっちゃったのは。


みなさん、カラオケに行くときは気を付けて。

歌は選んで歌いましょうね。

posted by O at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

神秘的なマリンバの響き…Evelyn Glennie

近所の中古レコード店で、試しに買ってみたら当たりでした。

貼り付けようと思ったら、コピーペーストが出来ないじゃないか!


なんでこうかなあ。

もじら組は我慢しなくちゃならないのか?


エディタ使うのやめね。

今年40歳の、女性パーカッショニスト、Evelyn Glennieです。



主にマリンバ(木琴の一種だったよな)の演奏です。


なかなかいい音色を出しています。

ジャンル的にはクラシックの範疇なんでしょうが、そんなこと気にせずにさらっと部屋でかけるのにちょうどいい音楽です。

そんな言葉で片づけられないものも感じますが、イージーリスニングや環境音楽として聴くのもいいでしょう。

試聴できるので聴いてみて!


スコットランドの出身だそうですが、やっている曲目のせいもあるでしょうが典型的なアメリカ人女性のようにも感じます。

割と庶民気質のアーティストなんですよ。

きっと女性が聴けば、彼女の世界がよくわかるでしょう。


彼女の奏でる音の世界が、なにやら物思いの中での幻想的な雰囲気に包まれていて、それを不思議に思っていたら、なんと彼女は耳が全く聞こえないそうです。

それにもかかわらず、絶対音感を持っているんだとか。


僕はそんな障害がどうこういう話は嫌いなんだけど、このムードは何ともいえません。

音の聞こえない世界で、自分の出来る表現を探し求めて、こういう音楽ができあがったんだろうなあと感じます。

この音楽が、音無き世界で彼女が追い求めた、道、なんでしょうね。

澄んだ音色が何ともいえません。


僕のお薦めは7,8曲目のメキシコ舞曲です。


語っても仕方ないので、試聴してみてください。



posted by O at 17:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

プラスチックス

♪あっちもこっちもコピーだらけ、オリジナリティーナ・ナ・ナ・ナ・ナ・ナ・イ!

この歌、聴いたことある?
立花ハジメをリーダーとして、たしかチカ?とかいうボーカルがいた、和製テクノのプラスチックスの歌。
プロモのビデオも面白かったんだよね。

いまどき、テレビのCMとかで使うと面白いと思うんだけど・・・(笑)


聴きたい人は探してみよう!
posted by O at 03:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

結構快適!ネットラジオ

streamtunerもなんとかxmmsと連携して、なんとか使えるようになって、結構快適にネットラジオを楽しんでいます。

モニター付属のスピーカーがまずまずの音を出してくれるので、BGMをかけるにはうってつけです。

netradio.png

xmmsのスキンをチョイスすれば、イメージ的にはこんな感じ。

で、これがお気に入り。
http://www.sky.fm/newage/

このスカイFMというNetRadio局は、なかなかいい線いってます。

他のジャンルもあるよ。

http://www.sky.fm/world/

このワールドミュージックのコーナーもいい感じかな。


グーです。

ついでにね、ハウスとかかけて、タイピングソフトでトレーニングすると、気分はミュージシャンです。

http://www.plusfm.net/
この辺かけてね。

面白いから一度やってみて!お薦め局一覧
posted by O at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

ここの局もなかなかいい感じですよ!

http://www.hbr1.com/

Coolなトランスとかですけど…


ちゃんとxmmsで聴けるのが嬉しい限りですね。
posted by O at 22:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

この一枚!…僕の音楽人生はここから始まったのです。



今さら過去を白状するようでなんなんですが…


今を去ることなんと約三十年!程前に、僕が初めて買ったLPレコードがこれです。


ちょうどセイコーのCMで「HERO」がかかってて、気に入っちゃったんですね。

「ザ・ベストテン」が流行ってたころの話ですよ。

はまっちゃったんですよ、甲斐バンドの世界に、小学生のくせして。(笑)

今考えると、不気味でしょうがないですよね。

公式ページ
http://www.kaisurf.com/

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E6%96%90%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%B2%E3%82%8D
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E6%96%90%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89

これでもクラス委員ぐらいやってたんですけどね。

大ヒットした「HERO」より前の、ちょっとうらぶれた影のある世界が、歌謡曲ぐらいしか聞いたことのなかった僕には新鮮でした。


一曲目の「HERO」は、なんかこれでメジャーデビュー!!!って感じの曲ですが、二曲目の「きんぽうげ」からそりゃもう見事な甲斐バンドの世界がはじまっちゃうんですよ。


未だに、これに入ってるほぼ全曲、そらで歌詞見ないで歌えますからね。

それぐらい好きだった。


もう故人になってしまった大森さんのギターがまたいいんですよ。

これがエレキギター!ってもんです。


よかったら知らない人、聴いてみてくださいよ。


今でも渋谷の裏通りでかかったりしたら似合う気がするんだよね。

上京組には言ってやりたい。

これが東京なんだよってね。

まあ、今は違うかもしれないけどね。


ジャニーズの亀梨君あたりに聴いてほしいね。


なんかあまりにも同化しちゃってて、語れないんですけど。


これぞ、チャーなんかといっしょの「ロン毛の世界」なんじゃないかと今思いますよ(笑)


劇的な歌詞がたまんないんだよね。


しかし、こんなに夢中になった甲斐バンドですが、後に渋谷陽一さんのサウンドストリートなんかで、「パクリ疑惑」が暴かれて、(「新宿」がルーリードそっくりとかいう)なーんだ真似だったのか、とがっかりさせられてしまいます。

「安奈」や「ビューティフルエナジー」なんかのいんちきメジャー路線も気に入らなかったしね。


そして僕は、甲斐が影響されたという、ストーンズなんかの洋楽に、はまっていってしまったんでした。

終わり。



追伸

こんな歌の数々を、あんまり歌いこまない方がいいのは、言うまでもありません。

あしからず。
posted by O at 20:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

ROCKで元気になってみませんか?

Windows,なかなか快適に動いてくれています。

こんなに音楽やビデオコンテンツを楽しむのに、便利だとは思ってませんでした。


エクスプローラーのラジオステーションガイドで、lucky777radioのクラシックロックを今、聴いています。

http://www.luckysevenradio.com/


名曲ぞろいで元気出ますよ、これ。

どの音楽ジャンルを選んでも、はずれないですね、ほとんど。


これは、お・と・く!ですよー。


本物の音楽を聴きたいあなた、何か元気の素を探しているあなた、暇なときにかけてみてね。


オルタネイティブロックもいけてます。


地味なラジオ局だけど、要チェックですね。
posted by O at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

行っちゃおうかな?・・・高橋竹童三味線ライブ!

さっき、細木数子の番組で、三味線の吉田兄弟がゲストで出てました。

「なんだ、やっぱりつまんねーな。

これじゃ、昨日の長渕カラオケボックスライブの方が、よっぽど良かったよ。」


などと思いつつ、そういえばこのブログを始めたころの記事で紹介したアレがあったなと思い出し、自分でページを開いてみました。


高橋竹童
http://chikudo.com/


三味線ってこれでしょ。


ちょっと聴いてよね。
http://chikudo.com/contents/index.html


といっても、僕もCDすら持っていませんが。


買ってみるかなーと思いつつ、ページを繰っているとなんと!こんな表示が!

【JAPANESE MODERN】 LIVE in 音や金時
10月18日(水)
19:30start(18:30open)Charge ¥2600
出演:高橋竹童(津軽三味線・胡弓)
   和田啓(パーカッション)
    丸田美紀(琴)
問:03−5382−2020
(ライブハウス音や金時)
杉並区西荻窪北2−2−14喜志コーポB1
JR中央線、総武線/地下鉄東西線 西荻窪下車、
北口より徒歩3分

明日の休みの日にライブ?

しかも近所で?


行くしかないかも?

行っちゃおっかな?

どうしよっかな?


お金はあるし、暇もあるし、邪魔者はいないし。


あなたもどう?


癒されますよ。
posted by O at 22:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

行ってきましたよ!・・・高橋竹童ライブat音や金時

otoyakinntoki.jpg

今日は予定通り、西荻まで行って三味線ライブを見てきました。

昼間から、お店のほうにいくら電話をかけても通じなかったので、大丈夫かなと思っていたんですが、地図で見てにらんだとおり、駅近辺で見かける音楽スタジオの地下に入るとしっかり準備中でした。

音や金時
kaiennmae.jpg
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

開場してまもなく店に入ったので、まだ店内はガラガラです。


スタッフTシャツを着た体育系みたいなお兄さんがうろうろしてるなあと思ったら、高橋竹童ご本人でした。

http://chikudo.com/

狭い店内でいきなり写真を撮るわけにもいかなかったのですが、ずいぶん背の高い野球選手みたいなムードで、ホームページにはだまされたと思いましたよ。


まだ開演まで時間があるので、ちょっとビールを。
beer.jpg

インドのマハラジャとかいうビールでしたが、まあなんとも。


そうこうしているうちに、竹童さんが店内でぺらぺらおしゃべりを始めました。


和服に着替えたご本人、まるで三波春夫かマツケンサンバです。


ローカルな話題で盛り上がっていて、部外者はちょっと困ります。


しかし、ステージ衣装の和服に着替えたご本人は、なかなかひょうきんで、若手の落語家に見えてしかたありません。

ノリやトークが、若手芸人のそれなんですよ。

フーテンの寅さんに近いお人かも知れません。


ホームページによれば、大衆芸能や落語に深い造詣を持っておられるようです。

お父さんか師匠の影響なんですかねえ?


それにしても、どうも店内に来ている人達は、ほとんどが身内か業界関係者みたいで、一見の客がおいそれとは入っていけないムードです。

そう、芸大かなんか出て、世界各国まわったみたいなのばっかりなんですよ、これが。


半分以上がいい年したお姉さま方なんですが、高木美保みたいのばっかりです。


わかりますよね。

知的なのかなんなのか?

人はよさそうなんですが正体不明みたいな人ばっかりです。


しかし、そんな中で一人でいても場が持たないので、腹ごなしにラム肉の串焼きを頼みました。

niku.jpg

これが滅法うまくて大正解。


この店自体は、ネパール料理と、世界の民俗音楽を紹介しているみたいですね。


おっ、やっと演奏が始まりました。


第一印象。

三味線が良く鳴る鳴る。

爪弾くような細い音を想像していたら全然違いましたよ。

マイクで軽く拾ってはいたんですけどね。

スタジオレコーディングの音の雰囲気とはずいぶん違います。

なんでも犬の皮でつくった三味線だそうで、裏にはなぜかオードリーヘップバーンが描かれています。

現代っ子だか何なんだか?


演奏は思ったよりずっと力強いんですよ、これが。

体育パワー系の音なんですね。

ホームページのサンプルのイメージと違って、アレレという感じ。

スタジオレコーディングのサウンドは、なんか師匠のおっしゃるとおりに丁寧に弾かせてもらいましたという感じですが、ライブだと吉田兄弟なんかを意識してか、かなり弾けて、やんちゃな地が見えるようです。

まあ、演奏自体はけっこうしっかりしているんですが、開演間もないうちは、今三歩です。

パーカッションの人とのセッションもテンポがずれてたりして、おやおやといった感じ。

演奏中もチューニングを併せるのに忙しかったりしました。


どうもお師匠さんのレパートリーを演奏するときは、借りてきた猫がおとなしく遊んでるみたいでちょっと物足りません。

ずいぶん達者な三味線なんですが、達人のやるいつものやつという感じで、本人ものっていないんですね。


まあ、前半は、最後のバトルでテンポのいい曲をやって、終了。

民族楽器でやるベック・ボガード&アピスというような演奏でした。


パーカッションの方とさしでやると、どうもリズム系の音作りになって、三味線の音色とメロディが出てなかったんじゃないのかな?

短音階で弾くベンチャーズみたいでしたよ。


そして、後半第二部。

chikudou.jpg

これが良かった。

思ったよりずっと。

しみじみとした音楽聴くつもりでいったライブでしたが、レコーディングされた古典物より、ずいぶん面白かったですよ。

二部から琴が入ったせいで、当然ながら音の幅が出て、意外な演奏になりました。

琴の人とは始めての演奏らしいですが、それが良かったんじゃないでしょうか?

ご本人はいつもの演奏に、かなり飽きが来てると見ました。


三味線以外に、胡弓という小型の三味線をバイオリンのように弾く楽器の演奏なんかがあったんですが、これがいい音。

富山あたりの祭りでやる何とかという曲なんですけど、聞き惚れるほどでした。


他にも、女子十二楽坊がやってる、あの東ックスがレストランの長い注文を覚えられないというネタのときにバックでかかる例の曲(わかります?)、もとはアラブの音楽らしいですけど、それとかね。

夜桜というホームページで気に入ったしみじみとした曲とかね。

これが三味線のライブかい?

そんなバラエティーにとんだ内容でしたよ。

ちょっと変わった桃源郷のような世界というべきか?
楽譜にも書きづらいような演奏を、なかなか活字には出来ないんですが。

この人はそういう世界を目指したほうが面白いんじゃないのかなあ?


伝統を守り抜くようなキャラじゃないような気がしますよ。



吉田兄弟なんかの普通の考え・センスとは、ちょっと違っていて、また別のエンターテイメントになってましたね。

MCは漫談並みだし。

面白かったですよ。

三味線の音を言葉にはなかなかしづらいんですけど。

ずいぶん骨太かなって音してましたね。


葉加瀬太郎なんか聴くよりずっといいんじゃないでしょうか?


パーカッションの人もベテランらしくて、キテル演奏を聴かせてくれたんですが、琴の人のソロは格別に良かったですね。

丸田美紀
http://www.geocities.jp/mik_maruta/

ご自分の曲の鳥がどうこうという曲なんですけど。

これ、コマーシャルなんかでかけたら流行るんじゃないかなってぐらい。


夜桜やった後、一曲アンコールやって盛り上がって(このラストも良かったな。演目ぐらいチラシに刷っといてよ)、めでたくお開き。


ちょっと高いなと思ったんですが、一応三千八百円のCD買って、満足して家に帰ったんでした。

高橋竹堂さん、大きな身体して内股で歩く、いい意味での男芸者?

また、今度、音や金時でライブやるときには行こうと思います。
posted by O at 01:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

素晴らしいクラシック音楽

修理工場引退して、一週間が過ぎようとしています。

今、家でこれをかけて聴きながら、のーんびりしているところ。

Lucky seven internet radio
[Easy Classical]
http://www.luckysevenradio.com/listen/classical_hi.asx

至高の贅沢だよね、これは。

選曲も演奏の出来も申し分ないと思うよ。

そんなにクラシック詳しいわけじゃないけどさ。


ちょっとかけてみ!
posted by O at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

やっぱりこれが現代の音楽?…DI.fm

DI.fm
http://www.di.fm/

要するにインターネットラジオの、テクノ局ね。


sky.fm http://sky.fm/の親戚らしいです。

ナカナカゴキゲンデスヨ。


ヤッパリ、オススメハ、トランス http://www.di.fm/trance/ トカ、テクノ http://www.di.fm/techno/ トカ。


コンナニ、タクサン、ムリョウデ、キケルト、オカネヲハラウヒトガ、イナクナルノデハナイカト、シンパイシマス。

デモ、コウコクハ、クリックシナイヨウニシマショウ。


テンポガヨクテ、キモチガイインデスガ、ズットキイテイルト、ヤハリナニカガマチガッテイルヨウナ、キガシテキマス。

シソウテキニ、イタダケナイヒトタチガ、ツクッタオンガクダカラ、ソウキコエルノデハナイデショウカ?


キョクニヨッテハ、ナニカヲヌスンダハンニンガ、オッテニオワレテトウヒコウスルトキノ、コウカオンガクノヨウニモキコエマス。

コウコクタントウガ、レイノカイシャデスカラ、ソウナノカモシレマセン。


トランスキイテルト、オイツメラレテ、ゼッタイゼツメイミタイニ、オモイマセンカ?


オタマジャクシガ、タマシイノクツウト、ツミノイシキヲ、シラベニノセテ、ツタエテイルヨウニ、キコエルノハ、キノセイデショウカ?

ソレガイミスルモノハ、イイワルイトイウヨリ、アキラカナ、フコウデハナイカトオモイマス。

ドウニモナラナイ、アセリトカ、イラダチトイッタモノヲ、カンジマス。

コウイウオンガクヲ,コノンデキイテイル、ヒトタチハ、キットスクイノテヲ、マチノゾンデイルノデショウ。


ソンナヒトタチハ、ケイタイデンワヲトリダシテ、アイモードノ、チャクアプボンバーマン二イキ、リニューアルシタ?、フォーティーワンデモ、ダウンロードシテ、プレイスルト、ミチガヒラケテクルノデハナイカトオモイマス。
posted by O at 21:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

口笛、結構楽しいもの!…最近流行ってる口笛について

最近、テレビで何度か、口笛奏者の特集を目に(耳に?)しました。

一見、誰でも出来そうな口笛ですが、さすがにコンテストに出る位の人の演奏はたいしたもんでした。


演奏会にも客がかなり来ていて、密かなブームみたいですね。


僕も、さんざん音楽に浸かっていた時代があったもので、早速自分でもやってみました。


一応、吹けはしましたが,これがかなり疲れますね(笑)


唇筋?やほほ筋?おまけに舌まで!(苦笑)酷使するんで、口周りがかなり器用になりそうです。

まさに口先を笛のリードのようにするわけで、口元にそれなりの強度と細かいコントロールが必要になってきます。

息もれ無くすだけでも、かなり大変という。


ビバルディの四季なんて、出だし過ぎると、かなり苦しいですよ。

ヴィブラートなんてどうやるのって感じ。


ほんとに口の中でハイテク駆使しないと、きれいに音がでない。

それが疲れるんですよ。


口笛のホームページもありますよ。
「口笛の吹きかた」
http://www.geocities.jp/singing_by_the_whistle/


はっきり言って、このページを見ても、うまくなるかどうかわかりませんが、口笛はとりあえず楽しいですよね。


なんといっても、これまた無料!(しつこいな)ですし、いつでもどこでもできますしね。


エレキギターやベースなんかのバンド楽器いじるより、よっぽどましかな?って気もします。

そんな楽器も、まともな音出すだけでも軽く十年ぐらいかかるし、マスターするとなったら、それ以上の修練が必要ですけどね。

あれが悪いのは、楽器を武器として(女殺しとかそーゆーのじゃなくてね)またはやり場のない感情のはけ口として、誤用しちゃうからだと思うんですけど。

(ちなみにアロエヨーグルトみたいなのは、そっちの方ですよね。あんなのにろくな奴はいないという)


それに、音楽も絵画も、ブラームスやセザンヌ達に言わせるまでもなく、文学とコラボ?する以前にそれ自体で独立する芸術ですし、変に泣き言混ぜたりしてもおかしなことになるんですよ。

バンドやっていた当時思いましたが、こんな内容(御想像にお任せします)の歌を、人前で何度も演奏するなんて、正気じゃ出来ないし、ましてそれでお金を貰おうなんて、ちと図々しすぎるんじゃないかと。

「こんなんじゃ、一生やってはいけないよな」って気がしたわけですね。


もっとも、音楽は慰めにもなるし、いい歌も沢山あるんですけどね。


ちょっと色々と、出てきてしまいましたね。

まあ、口笛も、本格的な曲を演奏すると、結構苦しいものがありますが、ホームページにあるお手本の真似でもして、心得をそれとなくものにし、自分でも楽しんでみましょう。


音楽って、音を楽しむって書きますけど、本来楽しいものなんですから。


やっぱり、音楽は素晴らしい芸術です。口笛吹くのはいいんですが…
posted by O at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする