2005年10月06日

窮屈な大手携帯電話工場

まったく窮屈です。

こんな事でいいのでしょうか。

一応歴史ある大手携帯電話工場に僕はいるんですが、どうにもこうにも工場の中だけに閉じ込められるやり口には閉口してます。

携帯電話は何の為に(笑)あるのでしょうか?

なんと、工場内は携帯の電波がまったく入りません。
それだけでなく、いわゆる下町や田舎ノリで根掘り葉掘り、人が何やってるか、今まで何してきたかを調べあげ、完全に閉じ込めようとします。

うざい!の一言です。

工場内の付き合いだけに、従業員をしばりつけて、自分達が知らないことばかりになるのを防ぎたいのでしょうが、ブログ見ても載ってる新製品情報を、社内ルート以外から入手してて何がおかしい?(笑)


工場内のおしゃべりでトーク活動が終わるような生活にして、携帯電話が売れるとでも思ってるのか?

よらば大樹の安定指向組が多い大手だと、そんな傾向も出るでしょうが、僕は嫌です。


ということで、ブログにも熱が入るのであった。
なんか変なところなんですね。

作ってる携帯電話の中身と同じように、見えないところで、出会いのキューピット?いや悪魔が飛びかってるんですね。

田舎の方に出稼ぎ(笑)に行くと色々とやるとこもありますが、なんか仕事中から、カラオケなんだか居酒屋なんだか合コンなんだか?
席のチェンジがどうこうと?

でも真面目にやってる方だろうなあ。

しかし、落し穴にはご用心ですよね。
posted by O at 00:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7762367
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック