2007年08月26日

夏休み真っ盛り!・・・空力の研究だったのに

ムギワラ帽子

♪麦ワラ帽子は〜
ここにありますね(笑)

今日は吉祥寺に行って、ユザワヤで面白そうな模型飛行機を見つけて、250円ならとつい買ってしまい、急いで試してみたくなり、帰りに井の頭公園に寄って、早速作って飛ばしてきました。

これが、みかけは素朴ながらなかなか本格的で、うまく飛ばすのは大変です。


重心をきれいにとって、うまく風に乗せてやっと飛ぶんでした。

どうも、以前に作って飛ばした紙飛行機の方がよく飛んだんじゃないかななんて思いつつね。


模型飛行機を横にして、自分がぐるぐる回ってみて、ジャイロミル風車の人体実験!したりしてね。

いや、自然の風だと、扇風機のとは違って、向きがくるくる変わるのでかなりあおられ、これは風車が壊れたりするのも当たり前だなあと思いましたよ。

飛行機

そうこうしているうちに、近くにフリスビーをする人たちが増えてきて、こりゃ円盤の方がよっぽど安定してるなあなんて思っているうちに、シモキタ辺りで店でもやってそうなオジサン達と仲良くなって、一緒に日が暮れるまでフリスビーやって遊んできたんでした(笑)飛行機の飛ぶ飛ばない。

これね、翼の揚力(機体を持ち上げる力ね)が、飛行機の重さを持ち上げるのに十分あるかどうか。

基本、これだと思うんですよ。

もう一つ買ってきた桐の木で出来たグライダーなんて、飛びそうにないんだよね。

ちょっと手でビュッと飛ばすと、まるで9.11の時のジャンボジェットのように、突っ込んでいっちゃう。

滞空時間が短くて、浮かんでいられないんだよね。

木の飛行機自体を持ち上げるだけの揚力を持ってないんだな、翼がさ。


フリスビーを飛ばして、本当にそう思ったよ。

あれはなかなか落ちないでしょ。

ジェット機なんてさ、マッハというスピードで飛んでるから(要するに強い風が吹いてきてるのといっしょなわけね。)、なんとか機体が浮いてるだけで、スピード落ちたらすぐに失速しちゃうと思うよ、ホント。


まあ、気流に乗ったりはしてるんだろうけどさ、エアバスなんてかんべんだと思うわけ。

アザラシが空飛んだりは出来ないでしょ、普通は。

まあ、今は洋上すれすれを飛ぶトビウオみたいな飛行機も開発されてるらしいけどね。

その方が、雲の上飛ぶより、燃料食わないらしいよ。


本当にもう、飛行艇にしてほしいよね、全ての旅客機を。


個人的に、今の旅客機、あんな重そうな物を飛ばすんなら、もっと翼を大きくして欲しいよななんて思ったんでした。

だって、羽田近くで見てると、すぐ上にすごいスピードで飛んで来てさ、本当に危ない気がしてたからさ。
posted by O at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52836231
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

2つの扇風機の間に紙飛行機をおくと… ほか
Excerpt: 2つの扇風機の間に紙飛行機をおくと…向き合って置かれた二つの扇風機。そこに、丁寧に折られた紙ヒコーキを置くと……。これって誰がやっても、同じようにできるのでしょうか? ちょっとやってみたくなる実験で...
Weblog: 映像トピックス【バックナンバー】
Tracked: 2012-12-18 06:01