2016年12月12日

これがアメリカの心なのか?・・・GEORGE STRAIT

ボーナスが少々入りました。

税金の督促状などが机の上で目に付いたりしますが、色々と必要を感じて欲しいものがあったりするので、いそいそと買い物に出かけて、部屋着にするナイキのスウェット買ったりしてます。

冬物のスウェットパンツ、数は沢山出てるけど、綿100%でカッコイイものって殆ど無かったりして、選ぶのに苦労しましたよ。



これはいい。

できれば、アディダスやプーマ、アウトドアでも綿100%のスウェットを出して欲しいものです。

アメリカ綿は質が良くて丈夫だからね。

ところで、今日の話題の主、GEORGE STRAIT(ジョージ・ストレイト)

これが、素晴らしいカントリー歌手で、まさにアメリカの良心ではないかと思うほどの質の良さで、こんな歌い手を今まで知らなかったことに、ちょっと驚いたりしているのです。



これが、ザ、ナイス・ガイじゃないかと思いますよ。

GEORGE STRAIT
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%88

詳しいことは何も知らないのですが、アメリカのおそらくカントリーソングのチャートでは、いつもいつも上位を占めるほどの人気歌手。

日本で言えば、サブちゃんというよりはベーヤンあたりが該当するかな?

それにしてもね、いくらローカリズムのカントリー歌手だと言っても、これだけいい歌と歌い手をまったく紹介しようともしない音楽業界ってどうなってるのかと思いますよ。

アメリカの文化も、おかしなものはいくらでも入ってくるのに、こうしたまともなものはほとんど紹介されませんよね。

この体質ってなんとかならないものかと思ったりしてます。

まず、ホットウィスキーでも飲みながら、じっくりと聴くことにしましょう。
posted by O at 01:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444809476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック