2016年12月07日

秘書がカジノで大儲け?・・・自民党がカジノ法案を通したい理由

久しぶりに政治ニュースの独自解説です。

前々からくすぶっていたカジノ法案、ここのところ急に国会の舞台に上がってきて、湾岸にカジノを作って遊べるようにと自民党は張り切っていますね。

安倍さんは、おそらく投資体質でギャンブルが大好きかと思いますが、アベノミクスの失敗をごまかす手段としてのIR?

どうもそれだけではないような気も・・・

国会の答弁で蓮舫さん率いる民主(新か、もはや)党が、カジノの問題点を色々挙げてましたね。

依存症をどうするのか、負けた人から収益を巻き上げるだけで、なんの成長産業か等など

その中でマネーロンダリングに使われて、ブラックマネーの出処を隠すためというのもありました。

これですよ。


政治資金の出処はすべて?カジノ経由になるかもしれませんよ。

政治献金を誰にもらったかわからなくするために、カジノで一旦チップに変えて、そしてそこで儲けたお金だとすれば、うまくごまかせると思っていたりするのではないかと思います。

華やかに、周りをテーマパークのように飾っていれば、そんな本当の目的をうまく誤魔化せると思っていたりするかもしれませんが、世間の皆さんは、そもそもカジノに出入りして豪勢に遊べる人を嫉妬の目で見つめますから、こんなことすれば簡単にバレるでしょう。

単に、カジノが好きで遊びたいだけという人もいるでしょうが、それだけでこんなに大騒ぎして法案を通そうとするとは考えにくいですよね。

本当の目的は、このへんにあるのかと思うのですが、皆さんはどう思われますか?



posted by O at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック