2016年09月20日

非常にわかりやすい歴史のお勉強

連休明けの午前2時43分・・・つまりほぼ丑三つ時。

こんな時間にふさわしく、恐ろしい真実を語るまんが大王?小林よしのりさんによる歴史の授業を紹介しましょう。

久しぶりに、グッときましたよ。

これでわかる真実の世界史・日本史



驚くほど、わかりやすい歴史。

トランプ氏が当確になってきたアメリカと、現代社会の勢力図。

そんなことを把握する前に、こうした歴史を知っとくと、世界が変わって見えてきますよね。

まだ全部見てないのですが、重要な教材を、しっかりメモ録しておこうと思い、ブログにアップしておきました。

この人、大した論客ですよね。

これは、見ておくべきかと思います。

追記

このビデオ全て見たんですが、確かにキリスト教徒の一部がやってきたことは残酷極まりないものがある。

他国への進出、侵略、略奪や陵辱。

でもね、俺が知る限りでは、イエスキリストって存在は、何でも真似する人なんですよね。

愛もあるがその中には愛せないものも含まれると。

ひっくるめて何でも真似して生きていくタイプのお人ですよ、イエスという人はね。

つまり、その配下であるキリスト教徒は、誰かがやったようなことを、真似してやるような人たちだってこと。

イエスの時代の前のモーゼの時代や、その上にいるヤハウェの性質を出してるだけかもしれないよ。


そんなこんなで、そういう我が国の成り立ちも、そうした経緯があったということは知る人ぞ知る事実。

ヨーロッパの歴史のずっとずっと前にね。

皇室の祖先である、朝鮮半島にいたある国の王子が、中国に睨まれてだか、国を追われて逃げ出すことになり、そうして海を渡ってたどり着いた日本で、先住民を征服してできた国がこの日本ですよ。

ちょっと倭寇(日本のバイキング)の話や、弥生人が縄文人を滅ぼした話がごちゃまぜになっているけど、大筋ではヤマトタケルのお話のもとはこんな事実から来ていたはず。

やってたこと大して変わらない気がするんだよね。

自分達の中にも、そうした前世の記憶が刻まれていて、それを許せず否定したいがゆえ?に、他国のそうした振る舞いを嫌悪するというかね。

まあ、何にしても、あまりいいことじゃあないわけですよ。


それと気になったのは、小林よしのりさんは、何のためにこうした活動をしているのかという事。

これ、やっぱり戦争礼賛とういうか、平たく言うと自衛隊の勧誘の一環でやらされているのかなって気がしますよね。

だれか、戦争に行きたい奴いないか?

だったら、自分が行って来いってね。

誰もがそう思いますよ、はい。

なかなか詳しいとは思うけれどね。

意図的に陰謀論的なことには蓋してあるし、皇室が戦争株持ってたなんて話は出てこないみたいだしね。

彼は誰の味方なのかなあと思いますね。


posted by O at 02:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代人の一般教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック