2016年07月03日

夏を涼しく乗り切る方法・・・GONTITI

梅雨はどこへ行ったかなと思えるほどの陽気が続き、ダムの貯水量も心配になってくる今日このごろです。

プライベートでは、お墓探しが佳境に入って、そろそろ都民墓地の募集が始まりました。

都民墓地と言っても、二十三区内で普通にお骨を入れるお墓を持とうとなると、土地代と永代使用料だけで数百万円もかかるところが大半で、選択肢は限られてきます。

うちでも百万円以内にしたいなと思っていたのですが、そうなると小さいお墓しかないんですよね。

父母だけならまだしも、最低でもおばあちゃんと、学会の墓地に入ってるおじいちゃんをはじめとする六人分の先祖のお骨を納めようと思っているので、それなりのスペースが必要です。

なんとか通いやすい八王子の都民墓地だと、八十の募集があってそれぞれ四平米の土地が使えます。

その中にお骨が六個分は入るので、これでなんとかするかというところまで来ました。

それでも、お墓の石を含めると百五十万円はかかってしまいます。

なんとかそれくらいはあるのですが、一括で払うと残りは乏しく、そういった場合には分割も可能。

まあ、なんとか目処がついてきましたよ。


さて、そんなこんなで暑い夏が目の前に来ましたが、自宅のマンションにはエアコンがなくて参っています。

カンカン照りの外をカブで走り回って、帰ってくるとよく温まったコンクリートのマンションが出迎えてくれるわけで、中はやっぱりサウナ状態なんですよ。

打ち水して、扇風機をぶん回して、氷枕でやっと眠れるんですが、やっぱり気分よく床につきたい休みたい。

そんな時には、こんなリゾートミュージックがいいかと。

昔、結構聴いてたGONNTITIです。



相変わらず、時間がないながらクラシックギターの練習を続けていて、参考になるかなと思ってブックオフに行った時に買ってきたんですが、今更ながらなかなかですね。

日本人にとってわかりやすいメロディーで、ギターを弾く者にとっても納得の行く演奏。

普通クラシックギターではこういった伴奏とメロディーを一人で弾くんですが、彼らのアレンジではそれを分散して二人で弾いているんで無理がないんですよね。

つまり弾いても聴いてても楽なんですよ。

涼し気なメロディーと気分的にも楽な演奏は、聴いてるものを和ませます。

こんな夏にパコ・デ・ルシアなんて聞くと暑くてしょうがないですからね。

あー、楽だ。



このお二人、基本的にはギターデュオなんですが、打ち込みをベースに様々な音楽のエッセンスを取り入れていて、良くも悪くも今の雰囲気でこれぞ現代音楽というものなんじゃないかと思います。



かといえば、こういう風に日本古来のメロディーもありと。



世界中の人たちに、これが日本ですよと紹介するときに、彼らの音楽でも聴いてもらうとわかりやすいかもしれません。



では日曜日の昼下がり、これからアトリエに行ってくるので、今日はこのへんで。

posted by O at 13:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック