2016年02月05日

素晴らしいギター音楽をあなたに

全然、ブログにはアップしていませんが、ほぼ毎日クラシックギターの練習を続けています。

楽しいんですよ、クラシック。

そう言いましても、楽器の中でもマスターするのが難しいといわれるギターという楽器。

ロックの癖が未だに抜けない僕の手技は、矯正すべき余地が多々あり、その演奏姿勢を直すのに、半年位かかっています。

右手で弦に向かって垂直に指を当てて、きちんと一音一音、弦の音が鳴るように弾くことは出来ていた方ですが、左がちょっと難しかった。

どうも肩肘張っりまくってて、ヘビメタの半音下がったチューニングのギターで音を出すような邪道の癖がついていて、まともな音を出すのに必要な素直な指癖が出来ていなかったのです。

何というか、左手で力んで握りこぶしを作るようにネックを握っていたんですが、もっと力を抜いて、野球のファーストミットでボールをキャッチするように、人差し指だけでなく、もっと小指や薬指を効かせて、ネックをボールのように見立てて、親指との間に挟むようにすると、うまいこといきます。

押さえるコードは、フォークとほぼ一緒だったりするんですが、聴者を騙す詐欺に近いような音色とメロディーを奏でる音楽と違って、クラシックの名曲はちょっと違うんだなあ。

弾いてて喜ばしく、飽きがこないんですよね。

ちょっと聴いてみてくださいよ。

CANON


Air


日本の歌でも、こんなにいい感じ

Sakura


クラシックギター、学ぶなら阿部保夫の教本が一番ですよ。



基礎を重視して、簡単な曲を自由に弾けるまでしっかり練習すれば、きっとうまくなります。

この教本の方針ですが、タブ譜に頼らずちゃんと音階を五線上で追って演奏する癖をつけることで、自由自在に楽器を操ることが出きるようになり、ついでに頭もちょっと良くなったりします。

あなたもやってみましょう。

posted by O at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433421987
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック