2015年11月13日

未来派最先端医療機器といえば、オムロンの低周波治療器エレパルス

数ヶ月ぶりの更新でございます。

何故かといえば、クラシックギターが云々といった記事を書いてから、親父が脳梗塞とその合併症で倒れて入院して、夏の終わりに肺炎で亡くなるまで数ヶ月の間、お見舞いや看病などでてんてこ舞いしていたからです。

ブログの更新なんてとてもとても・・・

闘病の挙句に、結局死んでしまったわけですが、あまり深い話もしないまま過ぎていたそれまでの時間よりも、口元まわりの麻痺で喋れなくなってからの親子のスキンシップの方が、長い親子関係の中でも最高に密度の濃いコミュニケーションになって、最後にいくらか親孝行できたかなと思っています。

でもね、やっぱり皆さん、病気になっても薬漬けは良くないですよ、絶対。

化学的に強引な方法で、体調を整えようとすると、やはり無理がくるんだなあというのを親父の闘病を見ていて感じました。

最後は、飲んだ薬を吐いちゃうくらいになったり、薬の副作用が原因で身体の抵抗力が下がったりして、そりゃあ見ていて可愛そうなくらいでしたよ。

医者だのみのお人柄で、大学病院を信用していた父だから、寿命とはいえこういう結果はやむを得ないのですが、もう少し体調管理の方法もあったと思います。

で、今日の話題は、そんな父を見舞った際に、身体の麻痺を直すのと、健康増進のツボを刺激するのに内緒で使っていたオムロンの低周波治療器エレパルスです。



低周波治療器とは、電極から流した電気信号を身体に通すことによって、正常に動かなくなっている身体に電気による刺激を与えて、身体を正常に戻す機械です。

たとえで言うなら、車やバイクのスターターになっているセルモーターのようなモノではないかと思います。

止まっているエンジンに、電気で刺激を与えて、半ば無理やりにエンジンを回すのです。

そうしているうちに、新たに血が流れ出したりして、だんだんコリなどが治るというわけですよ。

整体院等に行くとやってもらえるので知っている人も多いでしょう。

これ、使えますよ。



使い方はこんな感じ。

これよりももっと単純に、いわゆるツボに当たるように貼るのが効果的です。

うまく当てると、身体がピクピクとエレクトするので、その効果が自分でも分かります。

背中や腰は自分でよく見えないので、うまく貼りにくいのですが、足裏やふくらはぎ、太股など、ツボもはっきりとわかる部位では、その効果は絶大です。

普通に足裏、フクラハギや脛の足三里と言うツボ、膝上の手で挟むとピクッとなる場所、または太股脇のちゃらんぽしてウッとなる(知ってますか?)ところなど・・・

肩に貼るのも、やりやすく効果的です。



メーカー違うけど、説明はこれが正しいかな?



勇気のある皆さんが、強い電流を流してYouTubeで人柱になったりしていますが、皆さんはこうした専門医の言うことをしっかり聞いて、お手柔らかに使用されるといいと思います。



やたらに強くすると、このこじはるのように、可愛そうな事態になるのでご注意を・・・


実際に試してみたい人は、ヨドバシなどの量販店に行けば、サンプルを使えるのでやってみて!!!

追伸

ちなみに、僕はこれを二個持っています。

何故かというと、一つ一つのツボに貼って治療すると、時間がかかってしょうがないから。

ツボ探して使い出すとくせになります。

マッサージに一回行くお値段で、自分で肩こりなどが治せる!!!

どう考えてもお得だと思うのですがいかがでしょうか?

いろんなツボに貼って、その効果を試してみてください。

経絡教室
http://kraku.o.oo7.jp/tyuuikeiraku.html

本格的にやってみたい方は、こちらのページへ。


posted by O at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すぐれモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429555939
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック