2014年10月28日

担当地区は車両を拒むトワイライトゾーン

長い間、癖になっていた派遣業を一応卒業して、運送業界最大手のあの会社の都内支店で配送のアルバイトをすることになり、今日からその研修がスタートしました。

あらかじめ、スーパーカブに乗ることがわかっていたので、先週の土曜日にレンタルバイクでカブを借りて、都内幹線道路と地元、そして担当地区周辺を久しぶりにバイクで走って来ました。

2014102511550000.jpg

しかし、二十年ぶりにバイクに乗ると、さすがに緊張しますよね。

国一沿いに店があるんですが、走り出す時にはドキドキでしたよ。

カブの自動遠心クラッチとロータリーギアも初めてで、慣れるのに一日かかりました。

2014102511550001.jpg

普通のバイクのシフトチェンジと違って、足の裏で操作するので、丈夫なブーツは必要なく、柔らかめで足首の自由が効くスニーカーで十分なんでした。

靴紐も無い方がいいね、シフトレバーやステップにからまるから。

カブの印象を一言で言うと、なんていうか、かなり重たい自転車ですよね。

街中を30キロ以下で走るのに、こんなシフトチェンジなんて面倒くさい!

なんでこんなに面倒で癖のあるバイクが、こんなに重宝されているのでしょうか?_

やっぱり燃費ですかね。

それにしても、振動は大きいし、シートはやけに幅が広くて、長時間乗っているとエコノミークラス症候群になりそうです。

シートの下にせめて免震ゴムでも挟んで、振動対策でもしようかな?

2014102515230000.jpg

でも、街路をタラタラ走るのにはちょうどいい乗り物だと思いました。


さて、今日会社に行ってはじまった研修。

配属先も決まって、東京都内京王線沿線のH駅周辺です。

これがマンションとアパートの多い住宅密集地域で、道路が狭いの何の!!!

バイクで配達して回るのに、多くの道路が車両進入禁止なんですよ!!!

2014102718580000.jpg

道も入り組んでいたり巻き道になっていたり、袋小路になっていたりでまるで迷路。

行けるところまでバイクを乗り入れて駐車、そこから手運びで配達物を抱えて配っていくという結構大変な作業になりそうです。

夜になると、ご覧のようにトワイライトゾーンのようでした。

2014102719010000.jpg

路地が多くて、まるで昔の下町の街並みですよね。

生まれ故郷の大阪寝屋川市を思い出しましたよ。

でも、この街は僕のテイストにあったお店があったり、生活感と都市の機能がちょうどうまい具合に合わさっていたりして、自分としては非常に気に入りました。

他にも面白い話が沢山あるんですが、秘密厳守であまり喋れません。

想像をたくましくして、楽しんでみてください(笑)・・・なんのこっちゃ


posted by O at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック