2014年04月05日

クジラ、捕れなくなりました

あれほど、シーシェパードから警告されていたにもかかわらず、それでも止めなかったクジラ調査という名の漁。


安倍首相も残念とのコメントを発表しました。


要するに、総理はクジラが好物と!?


見るよりは食べたいという事ですね。


食文化は、お国柄によってかなり違うようですが、オーストラリアでは、クジラは食べないのでしょうか?


何にしろ、貴重な海洋資源のクジラをわざわざ南極という、明らかに他国の縄張りまで行って、調査とかいいつつ、二匹も一度に水揚げしてたら、文句が来て当たり前だと思いますよ。


批判を抑えるには、あちら側とお食事会でもして、仲良くした方がいいでしょう。


私の作戦では、その時にごっそりクジラ料理を紛れて出すのです。


うまく食べさせて、これはおいしいという事になれば、向こうも歩み寄って来るかもしれません。

しかし、あれだけ強行な姿勢で、クジラ漁の妨害に来る皆さんに、かえって逆効果になる可能性もありますよね。


じゃあどうするのか?


もう、事態は、マクロのケースと同じだと思いますよ。


要するに、調査捕鯨などとのたまうからには、クジラを育てたり、増やしたりしてみろと。


捕るだけ捕って、あとは逃げて食べるだけでは、クジラウォッチングを観光資源にしている皆さんの了解は得られないでしょう。


餌になるオキアミ増やして、海に撒いてくるとかしてね。


でも、クジラは魚じゃなくて哺乳類なんだよね。

卵をどっさり産んだりしないから、そんなに増やせないんじゃないのかなあ?


と、いうことは、やっぱり自粛しなくちゃいけないかと。


そう思いませんか?
posted by O at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック