2013年04月25日

エアクロッキーの成果をとくと見よ。

130421_201119687.jpg

うれしいことに、画力が上がりました。

我流の勉強法ですが,エアクロッキーの成果です。

エアクロッキーとは何か。


それは、いきなりデッサンを描き出す前に、対象を把握するために、モチーフをよくよく見ながら手でそれを撫でるように空中でプレデッサンすることです。


紙の方をまったく見ずに対象をよくよく観察するので、描く前にモデルをだいたい把握できます。

要するに、平たく言えば、モデルを撫で回すように見極めたあとで、それをまたエアで紙の上に持ってきて、構図を決めてプレデッサンすることで狂いもなく嘘のない安定したデッサンを、描くことが出きるというものです。

まずは、手を動かして対象を把握するまでよく見ることが先決です。

いきなり描いて、修正でごまかすよりも、いいデッサンが描けるようになりました。


posted by O at 01:41| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸術・絵画等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I’ve recently been meditating on the exact same thing personally recently. Pleased to see someone on the same wavelength! Nice article.
Posted by orthotics at 2013年08月07日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック