2007年02月14日

鹿には悪いけど、こうするシカ?・・・丹沢山地で増えすぎた鹿達

昨日のテレビ番組で、近郊の丹沢山地(神奈川・山梨・東京の間)で鹿が増えすぎてしまい、山がはげ山になってしまって困っているとか。

薬になる熊笹から、植林した大木の皮まで食べてしまい、山は荒れ放題で緑が無いんですよ。

近くの中央高速道路や東名自動車道にも出没して、可哀相にはねられてしまったりとか、いつまでもどかないで全線通行止めになったりしているみたいですね。


こんな近くに鹿が出ているなんてちっとも知りませんでしたよ。


しか?し、問題もあれですね。

見る分には可愛い鹿ですけど、こういう被害が深刻だと困ったもんですね。


奈良みたいに鹿公園?でも作れないのかなあ?

近くの多摩動物公園を拡張して、鹿を連れてきてなんとかできればいいんですよね。


そうすれば、餌代もお客さん持ち?で、シカも儲かる?

いいアイデアだと思いませんか?


オランウータンなんかを遊ばせるより、鹿を放した方がいいような気もするんですよ。


そんなことは普通?


じゃあ、シカたないですねえ。


なんでも、鹿は刺身にすると、さっぱりして結構いけるという噂です。

増えすぎた鹿の数は、こうして自然に?調整するシカないのではないかと。

山の中で死んで、木々の肥しになる前に、山を枯らしてしまうでしょうしね。


そのうち、中央道のサービスエリアで、鹿が食べられるようになったりして…

そうなると丹沢山地は鹿の牧場になってしまうんでした。


でもこれが自然の展開なんじゃないかなあ?
posted by O at 21:16| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鹿対策に早く狼の導入を! 懸念がある人はこのページを参照 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/697065/221774?page=3
http://japan-wolf.org/content/faq/
Posted by 名無し at 2013年04月14日 05:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック