2012年04月16日

始めてますよ、IT学習!・・・ITパスポート受験で,学び方色々。

いい加減、評価されない肉体労働に疲れてきてまして、もっと楽に生活するのに、いよいよIT業界を目指そうかと思ってIT学習始めています。

やるとなったら、行動に移すのは速い方なので、ITパスポート試験、4月の23日に受験します

今のところ,任天堂DSのソフトでやってみて、正解率60〜70%程度の当確ギリギリラインですね。

用語が頭に入るくらいには、パソコンイジって本を読んでいたので,ストラテジ関係以外は結構知ってる知識で対応できましたよ。



仕事場への行き帰りの電車の中で、これをやっているその結果ですけれどね。

これ、まあまあ使えるソフトだとは思います。

扱いやすいし,答えやすいし、やった分の結果は蓄積されていくしね。

特にいい機能は、問題解きながら問題文に出てくる専門用語の意味をチェックできるところ!

これはありがたいですよ。

ただ、問題の区分分けなどちょっと怪しいのかなという気もします

何とか図の説明ばかりは、文書でなく図その物を見せた方が早いとかね,不具合はそんなところでしょうか?

それと注意したいのは、計算問題結構あるんですが,これを暗算というのはちときつい面もあるということ。

でもやっぱり問題慣れするくらいには、過去問やらないとテスト自体を把握できませんからどこでも勉強できるこれで、まずは数をこなすと。

そして、過去問をある程度やってみて,そこから必要なところをしっかり勉強すれば大丈夫ということですよ。

あまり問題集並べて勉強できる環境無いですから,モバイル学習できるようにした方が、やっぱりいいですよね。

五千円もすると、買うのをためらうという人も多いでしょうが,2014年秋試験まで過去問をダウンロードできたり,基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の分も入っている事を考えれば、価格はむしろ安いくらいだと思います。

合格していらなくなったら,早いうちにブックオフに持っていけばいいんじゃないでしょうか?(笑)

これで応用技術者まで受かれば、そりゃあ充分元はとれたと思うでしょうしね。


面白い参考書はこれかなあ。

きたみりゅうじさんのイラストIT塾です。



イラストが可愛いですよ。

僕が持っているのは23年度版ですが,わかりやすさは変わらないでしょう。

経営に関すること以外,パソコン全般に関することは,ハード本体,ソフトの作り方やテストの方法等など一切合切,ご自分でやってらしただけあって、非常にわかりやすく書かれています

ただ、対応する問題自体がちょっと少なくて,内容が盛りだくさんなのはいいけれど、ちょっと支離滅裂の傾向があります。

参考ムックというか、副読本ぐらいに思っておいて、問題解きながらチラ見するのがいい使い方ではないでしょうか?

きたみさんの本好きで、勉強するのに内容はいいんだけれど、テスト対策がちょっと不十分な面ありと思うんですね。

この資格自体が、IT営業マン向けのような気がしますので、SEだったきたみさんだと、ややミスマッチなのかもしれません。

DSの問題解くだけじゃ足りないかなと思い,FOM出版のテキストとノートのセットも買って、やり始めたところです。



これ、なかなかいいですよ。

テキストと,書き込みノートの中身自体が完全に対応していないところもありますが,まずまず学習のツボはおさえていると思います。

過去問をやっていれば,これをしっかり覚えればというポイントはわかるので,テキスト読みつつ、しっかり書き込んで把握していけば、普段パソコン使い慣れているくらいの人ならば,全部書き終わる頃には七割前後の正答率までいくんじゃないでしょうか?

でも、時間をかけてしっかり勉強したいなら、このテストの範囲に入ってる分野の勉強を、それぞれ何冊か本を買うなりしてやっておくのがいいと思いますね。

簡単な経営学や、財務や経理の知識,コンピュータ基礎理論やネットワークの知識等など…

ざっと知っていてテストの回答できるだけだと,行き詰まるような気もしますんでね。

でも、アルバイター生活長い中で感じましたけれど,つくづくITリテラシーのレベルの違いが、収入の違いになっている世の中だと思います。

お役立ち度からすると,他の基本ワークの方が重要だと思うことも多いんですが,とりあえず,ITわかるとお金が入ってきやすいという世の中なんですよね。


そんな世の中で,このITパスポートという資格試験、コンピュータなどの情報部門以外の勉強や仕事をされていて、この先IT業界に転職したい人なんかにピッタリでしょうね。

例えば,メーカー勤務で在庫管理の手伝いやってたとか,通販サイトの出荷やってたとか,経営学だけ学びましたとか,そういう人がIT業界に入ろうとするときにちょうどいいスキルが身につくんじゃないでしょうかね。

勉強してみて良かったなと自分では思っていますよ。



あと話ちょっと変わりますが、前々から欲しかった一本何万円もするような業界の学習ビデオ,これが型落ちのお古(笑)ならウェブで安く見られるの知ってました?

ある意味、ネット内でのeラーニングの極致のようなありがたいシステム

動学.tv
http://www.dougaku.tv/ocn/index.html#totop

Linuxをイジり始めた頃,買いたくても買えなかったIT学習ビデオが、c言語〜ドリームウェーバーでも、CADでも何でもかんでもまとめて三千円弱で見放題ですよ。

クレジットカード持ってなくても,プロバイダの支払いで何とか対応できてます。

これは嬉しかったですよね。

本を読んで独学というのも、やっぱりかなりきつい面があるので,声も画像も出てくるビデオの存在,ありがたいと思いますよ。
 
この中にも、ITパスポート試験のウェブ問題集ありますよ。

こっちはあまりやってないけれど,800問ある問題のすべてをやって、解説をしっかりと読めば,これだけで受かる可能性もあります

DSに比べると,解説はこっちの方が大きく図解入りで書かれていてわかりやすいかもしれません。

リナアカとか,リカレントなんかに行きたくても行けないというあなた,本だけで勉強行き詰まってるあなたも、サンプルだけでも見てみてはどうですか?


さて、テストまであと一週間、もう一踏ん張りです。

posted by O at 00:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メッセージ内のキーワードを検索する機会というのは意外と多いので、このようなアドオンがあれば作業性がアップしますね。

Thunderbirdからも素早くウェブ検索を実行したいという方は、使ってみてはいかがでしょうか。
Posted by tory burch cicely wedge at 2012年05月11日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック