2011年10月08日

東大が秋入学に変わるかも・・・半年あったらできること

三連休初日ですが、どうにもくたびれモードです。


飛脚の手伝い(笑)をはじめてはや二ヶ月が過ぎたんですが,にっぱち(二月と八月)の暇な時期が終わって世の中が動き出し、通販などの売上が伸びて繁忙期に入り、今まで朝の六時には終わっていた夜勤の仕事も、昼までかかることが多くなってしまいました。

何が売れているかというと、水とかね。



この辺売れ筋ですね。

アクアクララとか天然水素水とか,財宝温泉とか、買っているお宅や事業所も沢山あるでしょうが,あれが結構厄介なんですよね。

財宝
http://www.zaiho.jp/

2パック結束バンドで縛って、あわせて二十四キロ。


重いなんてもんじゃない。


あれを積んできて、荷降ろしするドライバーさんたちは、本当にきついですよ。


ですんで、持ちきれなくて、どすんと落として破損してれば、それが返品で返ってくる。


腰に来ちゃってあたりまえです。


あとは、コピー用紙なんてのも厄介ですよね。


やってみて知ったんですが,この荷物も要注意。

なんでかというと、箱の角をどこかに当てても、箱がつぶれて変形しても,当然穴があいたりしても、中の紙がひしゃげてしまう。


その結果、コピー機が紙詰まりを起こしてしまうので、当然使えないというわけです。


送料込みで、一箱千円程度で買えますが,そのおかげで現場は、機械仕分けにもまわせずに、手で仕分けて,結構苦労しているわけです。


テレビのジャパネットの宣伝などを見ていれば、あんなもんかと思ったりするでしょうが,宅配便の仕分け場のベルトコンベアはあんなもんじゃありません。


コンベアの上に、荷物がポツポツではなく、忙しい時期には隙間なく並び,それが2列になったりバラバラに並んでいたり。

動く百人一首やってるような状況なんですよ。


ゲーマーの皆さんに分かるように言うなら,落ちゲーを画面横にしてやっているような状態。

しかも荷物は重い。


そこから一秒間に二つ三つと、荷物を取ったり,逃したらそれを追いかけて戻ったり。

うまくいってるときは面白いですけれどね。


冷蔵庫や洗濯機、タイヤやマフラー等の自動車部品、ドアなんて、ふつうにコンベア乗って、流れてくるんです。


ママチャリなんか、ハンドルが箱からはみ出して倒せないものは、荷降ろし担当が持って支えてベルトに乗っかって、一緒に流れてくるんですよ。

まあ、この絵は笑えますし、コンベアの下のローラーで足裏マッサージできたりしますけどね。


仕分けの方も、一人で一方向の荷物なら、比較的楽に引けるんですが,人が足りない日や時間帯には、最高で六方面。


本流のコンベアから、支流のローラーまで四本に分かれるものを一人で見て、ローラーやコンベアを飛び越えてあっちゃこっちゃと荷物を取りまくるんですよ。


お願いですから,荷主の皆さん,送料はそれなりにお支払いください、本当に。


大阪市内方面の荷物のピックアップの担当にまわったら、二・三時間で十トントラック四・五台分も荷引きしたりします。



仕分け人もドライバーも、忙しくなったら本当に寝るヒマもないんですよ。



そういった次第で、日勤の私も週4日で済ませられなくなり、平日フル稼働の週5日に変更。


おかげで眠くてしょうがありません。


他にも,自転車とか,相変わらず液晶テレビとか,ネットで買える中古本とか、二キビ対策薬用品とか、ベルーナとか(笑)かなり売れてるんですよ。


ネット通販でいろいろとご購入のみなさん、遅配があるかもしれませんが、全員交通費も出ない職場で、全力で仕事している結果ですのでかんべんしてやってくださいね。


ところで今日は、東京大学が秋入学になるかもしれないというニュース。

なんでも世界の学校の入学時期は、過半数が九月ということです。


夏が終わった頃に新学年なんて、ちょっとピンとこない気もするんですが,年度の終わりに三ヶ月の長い夏休みがあるのもいいのかもしれませんね。


企業のグローバル化にあわせて、大学も世界の人材を受け入れていこうということらしいのですが、大学の九月始まりにはメリットがあるかもしれないなと思ってしまいました。


それは、高校を出てからの五ヶ月間の空白時期です。


この間を執行猶予期間ととらえて、いろんな事ができますよね。


私もこの時期、いろいろ考えちゃった方ですが,受験まで五ヶ月あったら、どこかに入れる可能性も出てきますよね。


九月始まりの大学がいくつか増えれば、三月にダメでも、そのあと見直し勉強始めて夏受験すれば、入れるところもでてくるでしょう。


高校出たばかりの時期に一年も間隔があると、遊んじゃったりもするんですが、約半年という期間はリベンジにはちょうどいいという気がします。


ここでだめでも、残りの時期をバイトして、今度は春から専門学校にでも入るとか、いろんな選択肢も出てきますよね。


海外目指すなら,語学研修付きのワーキングホリデイに行くなんていう選択肢もあるでしょう。


何にしろ,六・三・三で、追いまくられていた十二年のあと、ちょっと余裕があったらいいんじゃないかと思いますよ。


全部をこうしろとまでは思いませんが、ICUとか、海外対応している大学から、こうしたところが増えても、私はいいと思います。


これが本当のゆとり教育にもなるでしょう。



さて、連休中は湘南は波全然ないんですが,天気もいいので千葉にでもサーフトリップに行きたいところです。


今からでも宿が開いているかな?


posted by O at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック