2014年08月10日

夏休みは近いけど・・・

七夕祭り1

地元の名物、阿佐ヶ谷の七夕祭りに顔を出してきました。


仕事帰りのwalkingで、ちょっと寄り道するついでに、七夕祭りを覗いてきたわけですよ。


アニメのキャラなどの張り子が、吊るされたパールセンターはなかなか楽しくなってましたよ。


ただ、祭りはいいけど、金欠につき、この二週間は土日も出勤してのフル稼働でくたびれモード。

その間に、全日空相手に、燃費改善のための機体改良や、機内サービス改善案を提案。


以前日航に提案したときよりは、プランの完成度が高くなっているので、比較的ましな返答がくるか、未だに契約に至らず。


その前にKOKUYOに提案したプランも、確実に換金可能にも関わらず、黒田一族はかなりケチ。


しかたなく、都内で割りのいいバイトを探して、自転車メッセンジャーの仕事に応募するもあえなく玉砕。


そうするうちに、パソコンのネットワークが落ち、起動もしなくなる。


そして、親父の足のむくみが、難病ネフローゼと認定され、入院確定。


三割負担なら、1ヶ月の入院で、20から30万を請求されるところを、『高額医療費制度』の『限度額適用認定証』の申請で、なんとかなりそう。


パソコンは、ハードディスクが容量オーバーかもしれないが、ビジュアル立ち上がらないので、グラボ追加で起動するか?

ホンとなら昨日から休みに入ってるけど、明日から3日の間は、スーパーの仕分けで出勤して、数百箱のドリンクの段ボールと格闘予定。


その後、木曜日はレディー・ガガとモモクロをマリンフィールドまで観に行く。


なかなか忙しい夏休みになりました(苦笑)


あっと、このケータイも充電機能あやしく、熱暴走で電気をやたらにスピード消費。


もう限界かと思うけど、スマホやiPhoneに切り替えて果たして大丈夫か?

等々、色々あるんでした。

posted by O at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

通信危機

相変わらずパソコンの調子が悪い。


ネットワークが、落ちがちだったのは、なんとか直ったのだが、その理由もわからずじまい。

大抵は料金未納という落ちがつくんだけど…


で、ネットワークが復活したと思ったら、今度はまた起動しなくなった。

グラフィック機能だけが落ちたりするかな?


それとも、SSDが容量の限界で、動きにくくなってるのか?


でも、やっばり理由がよくわからないので、しばらくそのまま放置したら、風邪が治ったように、起動してくれました。


あー、良かったと思って、一杯になっていたメル箱を整理したり、ウブンツのバージョンアップしたりしたんですが、再起動かけたら、またもや起動しなくなった。

これは、いったい何でこうなるの?


起動DVDでも立ち上がらないので、もしかしたらメモリの相性問題かもしれない。


ASUS H87−PROに、CFDのメモリだけど、1333の2GB2本

スペック足らずなのか?

確証はないけど、他メーカーで、ワンランク上のメモリに買い換えてみようと、思ってます。


それから、携帯電話もそろそろ寿命と思い、思いきってiPhone買いに行ったら、支払いが期日までに間に合わない事が多いので、分割払いは出来ませんと!


すなわち買えないということです。


アップル社は好きな会社ですが、商品を買おうとするときには、何故か金策がつかずに、未だに買えたことがありません。

縁がないのかなあ?


困ったことに愛機は、バッテリーのからして危ないので、ライフラインをしっかり繋ぐべく、DOCOMOのケータイ補償サービスで、5000円の出費覚悟で新品に交換してもらうことにしました。


DOCOMOショップに行ったところ、F−01Cは在庫がないので、他の機種にしてくれとのこと。


何機種か新しいのを提示されたはいいが、どれもGPS機能がついてないものばかり。


GPSがあるものにしてくれと頼んだら、四年落ちのN−02、説明書無しになってしまった。


よく考えたら、スマホという選択肢もあったんだけれど、やっぱり日本語入力のストレス考えると、ガラケーがいいんだよね。


日曜日のうちに自宅に届くはずだけど、どんなもんかな?


パソコンもメモリ交換してまた動いて欲しいよな。


posted by O at 01:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

タコタコあがれ・・・楽しいゲイラカイト

起動しなくなったパソコン、直りました。

どこが悪いのかを考えつつ、ケースを開けて掃除をしたり、パーツをつけ直して再起動仕掛けてみたりしているうちに、起動が怪しくなるのなら。もしかするとメモリの相性が悪いのかと思いました。

交換したら大正解?

CFDのメジャーなバルクメモリだったんですが、同じメーカーの違うチップのものに替えてみたら、とにかく起動してまた動くようになりましたよ。

まだ古いメモリを売ってないんで、七千円弱の出費は痛いですが、パソコンが動くようになったのはありがたい限り。

そろそろハードディスクを買い換えて、また入れ直ししなくてはなりませんが、まあ、しばらくは何とかなりそうです。

良かった良かった。


・・・さて、久しぶりの仕事が終わった後、口座に振り込む予定があったので、会社の近くのセブンイレブンに立ち寄ったら、懐かしいゲイラカイトを発見。

外を見たらいい風が吹いていて、セブンイレブンの裏手には、ちょうどいい公園があるんですよ。

ゲイラカイトといい風と、広い公園と暇な僕がいれば、これは凧揚げするしかないでしょう。



やってみたら、これが最高に楽しかった。

子供の頃は、これが大好きでずいぶんやりました。

ゴミ袋と、竹ひごで自作したものを揚げたりもしました。

でも、大人になってやる凧揚げは、これがまたおもしろい。

風に当たってあがる凧の手応えは、釣りで大物を射止めたあの感触に近く、空飛ぶペットと散歩している様でもあります。

慣れないケイタイで、動画撮影には失敗しましたが、そこそこ10分以上の滞空時間を保ち、いい感じで凧揚げできましたよ。




この感触を忘れている皆さん、ちょっと思い出してやってみてはどうでしょうか?

ちょっと高価だけど、もっと飛びそうなバイオカイトというのもありますよ。



自然界の鳥などを模したデザイン、こうしたら本当によく飛ぶそうです。



厳密言うと違いますけど、飛行機の飛行の原理も実感を持って分かるだろうし、やっぱりこっちもやってみたいですよね。

posted by O at 01:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

パソコン落ちてた理由とその真犯人は?・・・自作パソコン完全復活

心配していた人はいないと思いますが、起動しなかった自作パソコンが完全に復活しました。

メモリの相性が原因かと疑って、別のチップのメモリに変えてみたら一度は起動したのですが、その後、またお寝んね。

これは一体どういうことかと、パソコンが起動しないものでケイタイで調べたところ、結局電源は入るものの、バイオスが起動していないことに気がつきました。

そう、ケースのファンは回るし、マザボについているLEDが点灯したりはするのですが、結局ASUSのロゴが出てくるバイオスの画面が立ち上がらない。

その場合、CMOSの電池が怪しいことが多いそうです。

これってつまり、電池が参っていて、バイオスが起動しないんじゃないか?

もちろん、設定などの問題もあるのでしょうが、私には心当たりがありました。

もしかすると、この電池が減ってるんじゃないのか?

まだ購入して半年もたたないマザーボードですが、困ったケースのせいで、電源再起動が多発していたのです。

接触不良で何度も電源を入れ直すので、当然その分の電池が消耗しているのかもしれない。

そのことに気がついて、とりあえずヨドバシカメラでCMOS用の電池を買ってきて、自宅に帰ってから交換。

電池

そうすると、起動するじゃありませんか。


電池が本当に消耗していたせいなのかははっきりしませんが、とにもかくにも起動しました。


やはり、不測の事態では冷静にその原因を調査して、考えなくてはいけませんね。

マザボなどの不調も疑いましたが、何せ買ってからそれほどたたない新品同様のものですし、原因があるとすればディスクかSSDか、メモリかと疑うのもありなんですが、それほど初期不良の疑いはありませんでしたし、ディスクの方も先日まで比較的普通に動いていたことを考えれば、原因が他にあるわけです。

あせって、パーツすべて売っ払って全とっかえなどしなくてよかったですよ。

愛機のUbuntuも、キレイに再インストールして、ディスクもデータの統合に半ば成功。

1TBと2TBのハードディスクを、それぞれ通常用のデータ保存と音楽ファイル用、バックアップ&映像など大容量のデータ保存に振り分けて、動かしやすく管理しやすいスタイルしにしました。

ダブっていたデータも結構整理がついたかな?

これで当分は愛機を問題なく使えそうです。


最後に、Linuxの再インストールの際に、メールデータやブックマーク、使っていたアプリや設定等をうまく移行する方法について伝授しましょう。

普通、Linuxの再インストールの際には、HOMEの入っているパテーションをフォーマットせずにそのまま残しておく方法がとられます。

こうすると、Linuxの本体だけを新しくして、その他のファイルをそのまま新しい環境に移行できるからです。

しかし、パテーションを区切っていないケースではこれができません。


その際、どうするか?

まずは、そのデータが入っているディスクを読み込める環境で、ホームのデータを完全にバックアップします。

USBメモリかDVDがいいですね。

特に、肝心なのが、自分のHOMEディレクトリの隠しファイルにある設定等です。

.ではじまる隠しファイルを見られるようにフレームから指定すると、色々出てくるんですよ。

ここに、サンダーバードの設定や保存したメール、ファイアーフォックスのブックマークなどが保存されているのです。

簡単に言えば、新しくインストールしたLinuxのHOMEに、このデータを基本的にそのままコピペすればいいんですよ。

しかし、まとめて行うと、うまくいかないので、隠しファイルをそれぞれ表示しつつ、それぞれのディレクトリ毎に新たな環境に古いデータを移すことになります。

これをきっちりやれば再インストールも完璧ですよ。

これ、まさしく、パソコンの引越です。


慣れた人ならこの説明で出きると思うので、やってみてください。

トトロの森


こちらはトトロの森、そろそろ実りの秋、収穫の秋です。
posted by O at 15:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

日米、政治についての残念なお話・・・結局オバマもロックフェラーの子分?

就任からだいぶ月日が経ちますが、オバマさん、人気があるようで嫌いな人も多いですよね。

そういえば、就任後しばらくしてサーフィンスクールで出会った黒人も、ブラックだからオバマが好きだというわけでなく、どうしてオバマが人気があるのか分からないと言ってました。

その黒人も、なぜか、日本の政治通の人だったので、嫌いな理由もしっかりしてるんだろうと思っていました。

いいこと言うようで、どこか腹黒で、ダーティーなイメージを拭えないオバマさんですが、どうもロックフェラーをトップとする、軍産複合体(つまり武器商人のみなさん)の配下にある子分だったようですね。

オバマ政権の首脳陣は、そういったその筋の人材で固められているようですよ。

グーグルのトップも、そのうちの一人だったとか。

そう考えれば、GーMAILやアンドロイドのスマホなんて、危なくて使えませんよ。

アメリカの諜報ツールに決まってますからね。




特許ビジネスを手がけるマイケル北村さんの著作で、中身はしっかりしてますよ。

残念ですが、黒人の大統領就任というビッグドリームも、金持ちの都合のいいように世の中を動かすための子分の配置という手段でしかなく、それゆえ公約していた聞こえのいい政治の理想も公約も、その後で反故にされていたのだとか。

そうした陰では、金持ちに都合のいい政策や法律(たとえで言えば法人税率を下げるとか、利益供与でお金を引っ張るなど、)をこっそりと決めていたりしていて、結局アメリカがよくなってはいないと言うわけです。

そうした計画の大きなプランとして、戦争の仕掛けというものがあって、ウクライナの危機なども計画の中で演出されたものではないかと言われています。

要するに、戦争がはじまってミサイルや戦車、ジェット機などか売れて儲かればいいという発想ですよ。

金融詐欺が行き詰まって、そろそろお金がなくなってきたというころに、戦争起こしているんじゃないでしょうかね。

それもダメなら、石油価格を釣り上げたり、穀物相場を釣り上げたり、やることが色々あるようです。



こんな本もありますよね。

結局、知名度もなかったオバマさんは、悪魔?と手を組むことで大統領にのし上がったんでしょうかね。

実際、選挙資金などはその筋から大半が流れていたそうです。


その配下にある、日本の政治も、そうした方策の影響をもろに受けていたりして、思い当たる節が沢山ありますよね。



こちらは、議員秘書を長年務めた経験のある朝倉さんの著作です。

ああ、やっぱりという内容ですが、国会議員の実態をありのままに知るという面で優れた本です。

両方共、政治に失望してしまうような本なのですが、世界の真実を知るために、ぜひとも読んでおくべき一冊、二冊だと思います。

posted by O at 16:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 必読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする